2006年08月19日

今津温泉

imazu onsen.JPG

「もうネドベドドログバ〜。」
甲子園で野球観戦をした後の体の(主に皮膚の)状態。言ったのは夫で、私はものすごく気に入ったんですが(笑)
ネドベドとドログバから逃れる為には温泉!ということで、甲子園から阪神電車で一駅の久寿川で降りて目指すは昨年も行った・・・アレレ?
駅の降り口を間違えて偶然見つけた今津温泉
これも何かの縁と引かれるように玄関へ。(本当は疲れててあんまり歩きたくなかった)中へ入ってみると銭湯料金だしなんだかラッキー!
浴場へ入りまず体を洗う。カランから出るお湯の感触が、もしかして温泉水?と気持ちも盛り上がり、いざ湯船へ。内湯は電気風呂、ジェットバス、エステバスなど。露天は足湯にヒマラヤ岩塩風呂。温泉はどこ?
そして出入り口付近の張り紙が目に入る。当店のカランの水は軟水を使用しております。・・・シマッタやられた!と思えども時すでに遅し。温泉の名の付くただの銭湯でございました。
でもただの銭湯と言ってしまうには勿体ないほどの努力が見て取れる。実際岩塩の露天風呂はとても気持ち良かった。
日本の水はすべて軟水のはずなのだけど、カランから出る軟水というのはもっと違う意味があるのでしょうね。最初は温泉水だと思ったので。私の体がヌルヌルしてたせいかもしれないケド。
天然温泉ではなかったけれど駅からも近いし、甲子園帰りには充分過ぎる程に気持ち良いお風呂でした。

詳細
ラベル:銭湯 兵庫
posted by 青玉 at 19:12| Comment(7) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

箕面湯元 水春

suisyun.JPG

数日前の折込チラシに温泉と書かれているのに目がいき、ゴールデンウィーク中に行くと、入浴料半額券2枚進呈というのにつられて早速行ってみた。
箕面市にあるビーバーワールドというゲーム、飲食などの店が集まった複合施設内に温泉がある。
色々な種類の広いお風呂がたくさんあって、温泉使用は露天の岩風呂のみ。
その岩風呂も2段になっていて上にあるのが源泉風呂と書かれていて、そこからあふれたお湯が階段をつたって下にある岩風呂にも注がれている。
源泉風呂は7,8人でいっぱいになる位の大きさで、宝塚の宝の湯と似ていて少し大きいくらい。
源泉の温度は28度ほどなので加温されている。
下段の岩風呂では循環もされているようだ。
正直ほとんど期待していなかったのだけど、いざ入ってみるとつるぬるとしたお湯で気持ち良かった。
療養泉に指定されているそうで、塩素臭はするものの悪くないお湯。
ここは色々と気に入ったことが多くて快適な温泉でした。

その一つは、岩風呂の隣にある石を敷き詰めた枕つきの場所、通称トドの間(勝手に命名)。頭から足へ向けてお湯が流されており、少しのぼせてきたかな?という頃にそこで寝そべっていると、気持ちが良くてそのまま眠ってしまいそうだった。
もう一つは脱衣所に畳を敷いた場所が設けられていること。
お年寄りや、小さい子供の着替えのとき、ロッカー前が混雑してるときの避難場所としてとても便利。
もちろんゆっくりと休憩するのにも利用できる。
それから館内の造り。
飲食店と軽食コーナー前の椅子、それ以外にも大広間がある。
これらは入浴券を渡してから入った場所にあるので、休憩を挟んで何度でも入浴しやすく、健康ランドのような利用の仕方が出来る。
入浴はもちろん何度でも可。
それで700円というのはとてもお得。
今まで行った同じような温泉施設では、脱衣室へ向かう前に受付があって再入浴できなかったり、そうでない場合でもゆっくり休む場所があまりなかったり。
これだけゆっくり温泉を楽しめるようには作られてない所ばかりでした。
そして最後の一つは利用客。
たまたまだったのか、しばらく温泉銭湯ばかり行ってたせいなのか、とにかく温泉を楽しむのでも手際が良い。
小さい源泉風呂でも自分がある程度楽しんだら、次の人の為にサっと譲りローテーションがすごく良い。
今まで遭遇した混雑した温泉ではピカイチでした。
みなさん都市生活者だわネ〜とのぼせた頭で感心。
半額券でまた行ってきまーす!

詳細
ラベル:大阪 温泉
posted by 青玉 at 13:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

湯あそびひろば 戎湯

ebisuyu noren.JPG

久々に温泉へ行って来ました。
尼崎市にある温泉銭湯、湯あそびひろば築地戎湯
ここはサイトのクチコミを見ると評判が良い。行ってみて納得。
内湯と露天風呂に温泉が使用されていて、加水加温なしの源泉掛け流し。
この日の湯温は41度で温泉使用の浴槽には、電光掲示で温度が表示されている。
薄い黄褐色の湯色で僅かに硫黄臭があり、はっきりとわかるつるぬるしたお湯。
温泉に浸かってるというのが実感できるお湯。
ぬるめの温度なのでゆっくりのんびり浸かっていられる。
街中(戎湯があるのは住宅地だけれど)の銭湯で、これだけの質の温泉に入れるのはとても嬉しい。
銭湯なので料金も380円だし。
評判通りの良い温泉でした。施設は他に白湯のジャグジーとサウナ(別料金)もあり、湯あそびひろば系列の特徴なのか、軽食コーナー付きの無料休憩所あり。
ここも生中一杯380円・・・車じゃなかったら・・(涙)
駐車場はHPでは10台になっているけど、@nifty温泉では40台と記載されている。
いずれにしても最寄の阪神本線尼崎駅から徒歩15分となっているので、車で行く人が多いのではないかな。
混雑する時間帯には駐車困難が予想される。
私が行ったのは18日の土曜の夜に車でだったのだけど、この日は一日雨でそれが幸いしたかも。
丁度一台分だけ建物前の駐車場が空いててすんなりと駐車でき、温泉も空いていてカランの争奪戦もなくゆっくり入浴〜いい気分(温泉)
連日日付けをまたぐ残業で、ボロ雑巾のようにくたびれきっていた、夫のオーラも復活したように見えた(笑)


ebisuyu.JPG


詳細
ラベル:銭湯 温泉 兵庫
posted by 青玉 at 14:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

双葉温泉

futabaonsen1.JPG futabaonsen2.JPG


甲子園付近は温泉がたくさんある。野球観戦の後は温泉につきる。阪神

甲子園駅前から送迎バスが出ている温泉もあるのだが、ここのところ阪神

間の温泉銭湯にはまっているので、今回は阪神西宮駅から徒歩で行ける

双葉温泉へ。駅から国道171号線を北上して行くだけで、横道に出てい

る看板が目立つので分かりやすかった。


ここは浜田温泉の経営者と兄弟のようで、だからという分けでもないが場

所も違うのにお湯が似ているようだった。

温泉使用は内湯に二つ、そのうち一つはジャグジー、後は露天風呂の合

計三つ。美人の湯といわれる泉質らしいのだが気持ちつるつるするかな?

程度。薄く褐色がかったお湯。浜田温泉大箇温泉も色はそんな感じの

色。源泉の温度は約44度と高めで、この時期はあまりゆっくりと浸かれな

いのが残念。事前に水分補給もばっちりしたので、今日こそは地元の人た

ちのように水風呂と温泉の繰り返し入浴を!と意気込んで臨んでみたつも

りなんだけど・・・桶で水風呂の水を汲んで足に掛けたとたん「無理〜」と簡

単に挫折。みんな首までザブンと浸かっていられるのが不思議〜。

冷たくないのかな。私はサウナも苦手でして、熱いのと冷たいのと交互に

繰り返すのって、心臓に悪くないのか?と一人ごちてすごすごと上がって

しまった。

ここも脱衣所に灰皿があり喫煙してる人がいた。でも大箇温泉よりはヤニ

臭くなかった。外の休憩所は喫煙OKなのでせめて脱衣所は禁煙に出来

ないものかな。何も素っ裸で煙草を吸わなくても宜しいんじゃないかと思

うんだが・・・


ここは立地的に良い場所で、何が良いかというとラーメン激戦区らしいの

だ。有名ラーメン店が近くに数件あるらしい。ひとっ風呂浴びて美味いラー

メンとビールって最高〜。


詳細
ラベル:兵庫 銭湯 温泉
posted by 青玉 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

大箇温泉

oogoonsen.JPG

甲子園帰りに立ち寄った温泉。浜田温泉同様野球観戦後に立ち寄るのに

便利な場所にある。球場から歩いて行けないこともないが、さすがに少し

距離がある為阪神今津駅から徒歩で。阪急今津線阪神国道駅からが一

番近い。国道2号線から脇道へ南にちょっと入るだけで行ける便利な所だ

が、駐車場が少なすぎるので電車が一番。


浜田温泉も良かったがここもまた気持ちの良いお湯だった。多種類のお

風呂があるが温泉は寝湯のジャグジーと露天だけ。露天風呂ではお湯の

噴出し口が2箇所あり、そのうちの一つは持ち帰り自由と書かれている。

飲泉可能かどうかは不明。両方とも手で汲んで匂いを嗅いでみたら、持ち

帰りOKの方は微かに温泉臭がしたが、もう一つの方は殆どしなかったよ

うに感じた。結局源泉100%なのかどうかは分からずじまいだった。

けれどお湯に浸かると肌が少しすべすべする。数時間、甲子園の狭い座

席に拘束されたせいなのかどうか、露天風呂に浸かったとたんとても気持

ちが良かった。その前に散々内湯に浸かっていたのに。加水してるとかそ

んな細かいこと関係なく、気持ちの良い温泉でしたいい気分(温泉)


浜田温泉と比べると脱衣所や休憩所も広く湯上りにくつろげる。ただ嫌だ

ったことが一つ。脱衣所で喫煙可なのだ。そしてそこで素っ裸で喫煙する

人がいるんである。さっぱりと綺麗になって扉を開けると鼻につくヤニの匂

い。まだ乾ききっていない体で、空中に漂う煙草の煙と一緒に衣服を身に

まとうのは不快だった。

この辺りは阪神大震災で銭湯営業も打撃を受け(古い風呂無し家屋等が

倒壊した為だと考える)、その後生き残りをかけて温泉を掘った銭湯激戦

区らしい。地元の古くからのお客さんを無視できない事情もあるのかもし

れない。


それにしても六甲山のふもとには良い温泉が出るようだ。浜田温泉六甲

おとめづか温泉
大箇温泉の三つしか行ってないけれど、お湯ではずし

たと思ったことはまだ一度もない。そしていずれも銭湯料金で入れるのが

また本当に嬉しい。


詳細
ラベル:兵庫 銭湯 温泉
posted by 青玉 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

六甲おとめ塚温泉

otomezukaonsen.JPG

明石の魚の棚の帰りに立ち寄った温泉。国道2号線を阪神電車石屋川駅

付近で北にハンドルを切り、ほんの少し行った所にある。住宅街にある銭

湯にしては見つけやすく、運良く駐車場も空いていてすんなり行けた。

ここは本当に良かった!


湯あそび広場というスーパー銭湯のチェーン店のようだが、元々昔からあ

る銭湯らしく、阪神大震災の後に温泉を掘り当てまた近年建物をリニュー

アルしたようだ。スーパー銭湯と普通の銭湯との違いは何なのか良く知ら

ないが、軽食コーナーがあってお風呂の種類もいくつかあることだろうか?

他にはマッサージや垢すりもある。おとめ塚温泉はそうだった。但し規模は

小さい。

ここは何が良かったかというとズバリ温泉。源泉掛け流しというやつ。贅沢

にザーザーとお湯が浴槽から流れ出ていた。41.1度なので加温も恐らく

していないと思われる。そして軽く緑がかった色と、お湯に浸かると誰にで

も分かる炭酸泉。体に気泡が付き、お湯が沸いているところの表面では気

泡が弾けていた。こんな良い温泉に380円で入れるなんて本当に嬉し

い。ここは本当にお勧め!

ここは男湯と女湯が奇数日と偶数日で入れ替わるようで、露天風呂が岩

風呂かタイル張りかの違いだけのようだ。ジャグジーは少々塩素臭がした

ものの、湯船の先からお湯が流れ出ていて源泉を利用しているようだっ

た。他は内風呂、露天共に加水、加温、循環無しのよう。露天風呂の隣に

サウナ用の水風呂があるのだが、殆どの人が露天風呂で汗だくになると

水風呂に入り、また露天風呂に浸かるというのを繰り返していた。凍らせ

た飲み物を持参している人もいた。(垢すりをする人用に売ってもいるの

だが、ラベルの付いてないペットボトルは持参でしょうね)

難を言えば洗い場の数が少なく脱衣所も狭い為、混雑時はそうとう大変な

目に合うと予想される。たまたま空いていたのはラッキーだった。軽食コー

ナーではサントリーのモルツが360円と非常に魅力的だったが車なので

我慢。う〜ん今度は電車で来たいな〜。


ソファで一休みして帰ろうとしたとき、隣に腰掛けていたおばあさんが「あり

がとうございます。」と言っていたので、どうやら此処の温泉の人のようだ。

夫が玄関に腰掛けて靴紐を結んでいたら、自動ドアの内側から笑顔で手

を降ってくれたそうだ。「ここは良かったな〜700円払っても良いな〜。」心

まで温もった夫揺れるハート

詳細
ラベル:兵庫 銭湯 温泉
posted by 青玉 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

たかお温泉 光の湯

hikarinoyu.JPG  hkarinoyu2.JPG

舞鶴自動車道西舞鶴ICより国道27号線を、舞鶴市街地方向へ3km

程行ったところにある日帰り温泉施設。とれとれセンターで買い物と朝

食を済ませた後に立ち寄った。


27号線沿いにあり、建物の色も目立つので一目でわかる。わりと新し

い施設のようで綺麗。休日とはいえまだ午前10:30。中には数人いる

だけですいててゆっくり出来た。まずは寝湯の泡ぼこで、ドライブで疲れ

た体をほぐして露天風呂へ。天然温泉は露天のみらしいが、コレがすっ

っごくいいお湯。ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ

性)という、私にはなんだか分からない泉質だけど、いわゆる美人の

。お湯に浸かると肌がぬるぬるするアレ。

ゆっくりたっぷりしっかり浸かりたいが、すぐに汗が吹き出てくる。休憩を

挟みながら堪能した。昼前のぬるい風も温泉でつるぬるした肌には心地

良い。ここは療養泉として登録されてるらしいので、近場に住んでて度々

来ることが出来る人が本当に羨ましい。温泉に入ったどー!という実感た

んまり。


風呂上りの休憩所で、とれとれセンターで日本酒を飲んでいたおっちゃん

達と遭遇。ソファーに横になって寝ていた。やっぱり車で来たんじゃないの

かなぁ。良いのかい?


詳細
ラベル:京都 温泉
posted by 青玉 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

るり渓温泉

rurikeionsen.JPG

歩いた後は温泉、が定番になってきた。ここは2002年にオープンした新

しい施設のようだ。

今までは入った感じ、浸かった後に、温泉ぽかったなぁと感じる所が、自分

には良かったと思える温泉だった。ここは今までとはちょっと違ってて、コ

レまた良いなぁと思える温泉だった。


料金は1500円と700円の2種類あって、700円を選択した。この700

円コースで入れるのは、温泉プール、水着で入る温泉、そして普通の温

泉。残念ながら露天風呂は含まれてない。今までと違って特筆すべきこと

は、この料金でタオル、バスタオルが無料で貸し出され、そして水着も無

料で借りられるというところか。しかも普通の入浴だけでも内湯のみだった

ら、ここと同じ規模で他のサービスなしで同程度の料金がかかる温泉は

けっこうあるので(その代わり露天風呂があるけどね)今までの中では一

番お得感が強かった。バーデゾーンは始めて経験したので他のところは

知らないけど、単純にジャグジー付きの温泉で、混浴の為に水着で入るだ

けという感じ。けれど浴槽は数種類あり、温泉2種類、漢方湯、サウナ2

種類、うたせ湯など。家族やカップルで行くと一緒に楽しめて良い。

最初は水着で入る温泉なんてと敬遠していたけど、夫とお喋りしながら温

泉浸かったり、休憩したり、いつもよりゆっくり楽しめた。どうせ水着なんだ

しと途中プールへ遠征し、25mプールを休み休みしながら2往復して喘い

でみたり。その後にそれぞれ分かれて裸で入る温泉へ。なんか満喫した。

日ごろの運動不足も少し解消。

温泉はラドンと弱放射線の2種類あり、ラドンの含有量は国内有数らしい。

ラドンの方は少し肌がツルツルする感触あり。ラドンのおかげか長湯のせ

いかはわからねど、湯上り後も肌が少しすべすべ感あり。


他に個人的に良かったのは従業員が丁寧なところ。今までも特に悪い所

はなかったが、メイク室では床の掃除をする人が、椅子に座って利用中

でも足を上げさせたり位置をずらさせたり、実家のおかん的に掃除をする

所がけっこうあった。ここはさりげなく席が空くの待ってたりして、気遣い

を感じた。たまたま少し空いてたからかもしれないけど。

後はやはり自分の家から車で1時間越さない距離にある、というのがポ

イントを押し上げてる。とにかくなんだかすごく気に入ってしまったのだ。

ここはそのうちまた絶対に行きたい。次回は1,500円コースを利用して

みたい。


詳細
ラベル:京都 温泉
posted by 青玉 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

宝乃湯

takaranoyu.JPG

昨年オープンした宝塚の新しい日帰り温泉施設。阪急中山寺駅から歩

くこと10数分の所にある。

売布神社から中山寺まで、一駅区間電車に乗ったとはいえ、清荒神を

周って売布神社まで徒歩。それから中山寺散策。この温泉までトータル

7km位歩いたんではなかろうか。温泉へ向かう途中に迷い、JR中山寺

駅へ一度出て、そこからまた仕切り直し。ここは福知山線なので、例の

事故で運行停止区間駅。人影はまったくなし。駅前も阪急に比べると寂

しかった。


そんなこんなでようやく宝乃湯にたどり着いた。クタクタで空腹。とりあえ

ず館内にある本家さぬきやという和風ファミレスで、お蕎麦と生ビール。

まだ温泉に入ってないのに、歩き疲れた後なのでめっちゃ旨かったりし

て。値段も駅前の蕎麦屋より良心的。やっと一息ついて温泉へ。

内湯も露天風呂もけっこう広い。洗い場の数も多いが、この日は混雑し

ていて順番待ち。うたい文句の源泉かけ流しも順番待ち。5、6人も入る

といっぱいになってしまう。どうもこのかけ流しだけが温泉のようだ。他は

塩素臭がかな〜りキツく、せっかくの大きな檜風呂ですら、塩素の香りし

かしなかった。源泉は気持ち良かったので、温泉は狭くて小さな源泉か

け流し一つがいいか、加水、循環しているが大浴槽がいいか、評価の分

かれるところかな。温泉とは名ばかりの所よりは良いかもしんない。


詳細
ラベル:兵庫 温泉
posted by 青玉 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

吉野山温泉

yoshinoonsen2.jpg yoshinoonsen1.jpg


桜花を楽しんだ後、足を引きずるように歩いて、見つけた温泉に飛び

込んだ。店が立ち並ぶ通りで、露天風呂と書かれた旅館の看板を見

つけたのだ。温泉があるのは分かっていたけど、徒歩で行ける場所に

あるかどうかは、調べがついていなかったのだ。嬉しい事に予約なし、

宿泊客のチェックイン後の時間にもかかわらず、立ち寄り湯のみでも

OK。1,500円と高めな料金だが迷ってなんかいられない。即決め。

大浴場とは書かれているものの、さほど大きくはない湯船。洗い場の

数も6個ほど。日曜日の夕方ということもあってか空いていた。お風呂

は内湯と露天の二つのみ。うち温泉は露天のみ。けれど露天風呂から

の眺めが絶景。温泉に浸かりながら、一目千本と言われる桜を眺めら

れる。高めの値段はこの景観のせいだろうか。一緒になった人と世間

話などしながら、しばし温泉と桜を楽しんだ。

駅までの帰り道は、さっきまでとはうって変わって足が軽かった。嗚呼

これでまた、行楽帰りの立ち寄り温泉がやめられなくなる。


詳細
ラベル:奈良 温泉
posted by 青玉 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。