2007年04月24日

三田温泉 熊野の郷

kumanonosato.JPG

兵庫県三田市にある日帰り温泉施設。
露天風呂に源泉100%の浴槽があり、褐色の塩化物泉。
泥湯と宣伝しているけれどそれほどは・・・
加温らしいのだけど塩化物のせいか、それとも若干熱めの湯温のせいかすぐに体が温まる。
ここは敷地が広く浴室などが広々と作られていて、洗い場もすべて仕切りがある。
和風とバリ風のお風呂が男女周替わりで入れ替え。
バリ風のお風呂にあたってしまったのだが、施設全体がアジアンリゾートを意識した造りになっているので、今まで行った日帰り温泉に比べるとかなりバリ風。
それにしてもこういう温泉ってなぜバリ風なんだろう。
温泉→スパ→スパリゾート→リゾート→バリ
という流れなんだろうか。

風呂上りにフロントに戻ると、蕎麦やラーメンではなくコーヒーの香りが漂ってくる。
玄関から入るとすぐ横にはカフェがあるのだ。レストランも2階にあるらしい。縁はないと思われるがVIPルームも。
外からはあまり目立たないけどお座敷もちゃんとあった。
館内はブラウンを基調とした木のイメージで落ち着いた雰囲気。
浴室の広さと相まってかなりリラックス出来た。
リゾートって癒しよね〜〜という気分満喫。

jabaradrink.JPGじゃばらという名の柑橘類のドリンク三種類を購入。
「邪を払う」という言葉から付いた名前の果実らしい。
真ん中のビンのものを飲んだけど、覚えのある味。知ってる味。なんだっけ?と考えて思い出したのは赤まむしドリンク(;・∀・)
熊野地方の果実らしいのだけど、ここの熊野の郷という施設の名前といい、兵庫県なのになぜに熊野(和歌山県)なんだろう?

詳細
ラベル:兵庫 温泉
posted by 青玉 at 23:20| Comment(12) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

有馬温泉 かんぽの宿 有馬

arima kanponoyado.JPG

車では何度か通っていたのに、温泉に入るのはかなり久しぶりの有馬
今回はかんぽの宿の日帰り入浴。
お風呂は内湯のみで浴槽は白湯の気泡風呂と温泉の二つ。
温泉は金泉と言われる茶褐色の湯。
湧出温度は90度程もあり加水しての掛け流し。
含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉というのだそうで、舐めてみたらかなり塩辛かったのかも。
自家源泉なのだけど金気臭などはなし。
内湯しかない上に、加水してるとはいえけっこう高めの湯温。
すぐにのぼせて長湯が出来なかったのがチョト残念。

arima kanponoyado kanban.JPG

以前は宿泊で有馬に来て、その時の宿の温泉があまり体が温まらず、湯上り後のぽかぽか感もなく、ずーっと「?」と疑問符がついていた。
そのせいで後に市営の日帰り入浴施設が出来ても行ってみようとは思わなかった。
でも今回は長湯もしてないのにずっと体が温かかった。
というわけで、また有馬に行こうかな〜なんてコロっと思ってしまう、単純思考の持ち主なのであった( ̄ー ̄)ニッ

続きを読む
ラベル:兵庫 温泉
posted by 青玉 at 17:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

風の湯 新石切店

kazenoyu.JPG

東大阪市にある日帰り入浴施設。
入浴料が500円、立体の大型駐車場も4時間まで無料。
と、市街地の便利な場所にあるわりにサービスは良い。
露天風呂は場所が場所なだけに、外気取り入れ風呂といった感じなのは仕方がないかも。
内湯には様々なジェットバスがあり、お風呂の種類は豊富。
お湯に特徴がないため温泉よりはスーパー銭湯のように思えた。
印象的だったのは温泉使用と思われる大浴槽よりも、四季の湯といって週代わり風呂の方が人気があったこと。

遠くからわざわざ訪れる程の温泉ではないにしても、近隣住民の憩いの場といった施設。
HPでは風の湯はワンコインと謳っていて、まさに手軽にワンコインで癒しを得られる場といった雰囲気でした。

詳細
ラベル:温泉 大阪
posted by 青玉 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

長谷寺温泉 湯元 井谷屋

itaniya.JPG

奈良にある長谷寺への参道にある旅館の温泉。
ご当地キティちゃんなどのみやげ物がない、個人的に良い感じに落ち着いてる門前町にある。
観光旅行に訪れた気分に浸りながら、奥へ奥へと続く通路を渡って温泉へ。
古い旅館らしく浴槽は内湯ひとつだけ。
銭湯と温泉プールを足して2で割ったような浴室。
時間が早かったのか利用者は誰もいなくて、一人で静かにのーんびり出来た。
hasederaonsen.JPGただ温泉とはいうものの浴感、湯上り感どちらもが、白湯に浸かったのと同じで、普通の銭湯に入ったのとあまり変らない感想。
料金が他の旅館の入浴料に比べると、600円と安めの設定なのは良心的かもしれない。
長谷寺詣での後に疲れた体を癒すには良いかも。

続きを読む
ラベル:奈良 温泉
posted by 青玉 at 07:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

花山温泉

hanayamaonsen.JPG

最近テレビや雑誌などによく取り上げられる和歌山の花山温泉
関西最強の炭酸鉄泉と言われているらしく、いざ行ってみるとやはり強烈なインパクト。
お風呂のタイルやステンレスの手すりなど、お湯を被る部分は鍾乳洞ですか?と言いたくなるほど、結晶が固まって元の姿が見えない。浴槽が勝手に岩風呂と化してしまってる。
茶褐色の濃いお湯は浴槽の底も見えず、しかも結晶で若干でこぼこしているので、手探りというか足探りで浴槽を移動せねばならない。
色気のない昔風のガランとした銭湯風の建物で、浴槽だけが別世界な雰囲気。
温泉は26度の源泉と38度、41.5度の加温風呂、そして40度の露天風呂がある。すべて掛け流し。
源泉風呂の注ぎ口付近は一番冷たいのに、その横に神妙な顔つきで浸かっている、80歳過ぎと思われるおばあちゃん。彼女が一番印象に残った。
なんというか療養なんである。私自信はお風呂を楽しむというノリが強いけど、おばあちゃんの表情には、温泉に託す願いのようなものが読みとれた。気迫を感じたのである。おおげさかな。
どんな効能があるのか知らないままに、私も負けじと案内書きどおりに、源泉と加温浴槽に交互に浸かる。タオルが茶色くなって洗濯しても落ちないというので、最後にシャワーだけでなく白湯にも入っとこうと湯船に向かい、思わず手すりを握り締めた。立ちくらみ・・・
花山温泉とおばあちゃんに、完璧にのまれてしまった。

hanayamaonsen kanban.JPG

お風呂に向かう通路には飲泉所があって、電解水か何かが置いてある。その水に源泉を2,3滴落として飲むように案内が書かれてあるんだけど、ヘモグロビン不足ぎみな私はここで一気に挽回、とばかりにまるで焼酎のお湯割りのごとく1対1の割合でゴクゴッ・・・クっ吐きそう( iдi )
こういうバカがいるから案内書きが貼ってあるんだと強く納得。

詳細
ラベル:和歌山 温泉
posted by 青玉 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

鹿の子温泉 かのこの湯

kanokoonsen kanokonoyu.JPG

神戸市北区にある温泉。
かつては山の中の一軒宿だったそう。今は宅地開発されて広い道路に郊外型の店が並んでいたり。
神戸市といってもここは六甲山の北側、有馬温泉よりも更に奥。殆ど三田市といってもいいかも。

湯あそびひろば系列で広さもほぼ銭湯といった感じ。
平日の夕方に行ったせいか、利用客も地元の人ばかりで、これもまた銭湯にいるような雰囲気。
お湯は私には特にこれといった特徴は感じず。でも肌がつるっとする美人の湯らしい。
天然温泉の露天風呂が和風の延命の湯、洋風の寿々の湯の二種類あり、男女日替わり。私は寿々の湯でした。ん〜洋風?
露天風呂にはヘルツバス(電気風呂)が隣接されている。他の温泉でもよく見かけるのだけど、私はまだ一度も浸かったことがない((;゚Д゚)コワイヨー

同じ湯あそびひろば系列で、ここより土地代がかかる場所でも、銭湯料金で営業している温泉があるので、ここは場所や施設の規模からすると700円は高く感じる。(私は相変わらず無料利用なんだけど)
けれど割引日があったり、ポイントカードがあったり、色々とサービズディがあるらしいので、頻繁に訪れる地元の人たちは賢く利用しているのかも。
従業員の接客はとても感じがよくて気持ちよかった。

kanokoonsen gyunyu.JPGお湯がどーの規模がどーのと言っても、風呂上りはやっぱり牛乳。
最近のキャップはプラスチック製が多い。昔ながらの紙の蓋だったので、懐かしくてついパチリ。

詳細
ラベル:兵庫 温泉
posted by 青玉 at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

赤穂温泉 夕映えの宿 銀波荘

ginpasou.JPG

忠臣蔵と塩で有名な赤穂市の海沿いにある温泉宿。
この日、午前中は雨で突風落雷の注意報の中、悩んだ末に強行軍。赤穂市に到着した頃には雨も上がりホッとする。
「ここで城明け渡しをしたんだねぇ。」と話しつつ赤穂城跡などを通り過ぎて到着。
宿は伊豆の海沿いなどでも見かけたことがあるような雰囲気。

玄関から入るとそこは四階でお風呂は一階にある。
さほど大きくはない内湯と、それと同じ位の大きさの露天風呂がひとつ。他にハーブスチームサウナがひとつ。こじんまりとした感じ。
お風呂で一緒になったご婦人が言うには、読売旅行のツアーの団体さんが出て行った直後らしかった。お湯を見てコレはどうみても湯の花には見えないと思っていたのだ。いや〜すごい(;・∀・)

浴槽の大きさがちょうどそんな距離感なのか、お風呂で一緒になった人たち何人かと会話。それももれなく不満を漏らす。
ここの宿は露天風呂から海が見える写真を宣伝に使用しているのだけど、いざ行ってみたら岩で目隠しされていた。
海は見えないのかと聞いてみると、それが不運にもいっとき団体客と一緒になってしまった人で、火に油を注ぐ結果に。「そうやねん!昼間は男湯になってて、女の人は夜じゃないと入られへんねんて。あんな海見える写真つことったら、誰でもそんなお風呂入れる思うやろ?なぁ。(外から)見えるねんて、見えてもええからそっち入りたかったわ。あのサウナかてちっとも熱くなp※☆w△d■l;×@むかっ(怒り)
食事付きプランで来た人は料理の不満を漏らし、今日はシケで漁が出来なかったようですよ、となぜか私がフォローする。「いやぁ器もたいしたことなくて。」器ですかあせあせ(飛び散る汗)
ginpasou umi.JPGお風呂上りに脱衣所で一緒になった人は、自由に使えるよう山と積まれたタオルを見て、「400円も払てバスタオル借りたのに、こんなタオルあんねやったら借りんでも良かったやん。髪留め忘れてんけどシャワーキャップもないねんなぁ、ケ○くさぃ・・・」
天気が悪いと機嫌も悪くなりやすい?海も心も荒れ模様。
私も温泉博士を利用してなかったら、一緒に文句たれてた可能性は大きそうだ。

でも加水(加温有り)なしの源泉100%という温泉は、湯上り後はずーっとぽかぽかして暖かかった。
妙齢の女性が連れ立って、美味しい食事とのんびり温泉、ほっこり〜。を味わうにはムードに欠けるお宿なのかも。
お魚は美味しそうだけどなぁ。

詳細
ラベル:兵庫 温泉
posted by 青玉 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

汐の湯温泉

shionoyuonsen.JPG

大阪府の一番北、能勢町にある旅館の温泉。
佇まいは和風の古い一軒宿。中に入ると中庭を囲む入り組んだ造りとその古さ、そして微妙な中途半端さが、私くらいの年代の者にとっては妙に懐かしい。昭和を感じさせる宿。
お風呂上りの休憩室として利用されている洋間(洋室ではなく洋間と言いたくなる気持ち)といい、古くからその地に住んでいる、今はちょっとアレだけど昔は羽振りが良かったの。という子供の頃に遊びに行ったことがある知人の家、という雰囲気だった。

shionoyu longe.JPGお風呂は1階と2階の二ヶ所あり、男女週代わりで入れ替え。共に露天風呂なし。2階のお風呂にあたらないと、ちょっとハズレくじのようである。
源泉かけ流しが2階にしかないのと、ガラス張りで景色を眺めながら入れる。1階は残念ながら外は見えず、お風呂も温泉使用と白湯の二つだけらしい。らしい・・ということは、ちょうど2階のお風呂だったのだ。良かった。

源泉は18度ほどでこの時期は非常に厳しかったけど、頑張って浸かってみた。透明な温泉の中に赤褐色の湯の花がチラチラ。つんとした金気臭。数分頑張って源泉使用の沸かし湯に戻った。こちらは酸化してるので全体が赤褐色。ということは鉄分泉とかいう種類かな。有馬温泉と似ていると思う。
ずっと前に有馬温泉に行ったときもそうだったのだけど、湯上りのぽかぽか感がないのも似ていた。もっと長いこと浸からないといけないのかなぁ。

shionoyu tenpurasoba.JPG宿には九岳庵というお食事処が併設されている。またしてもお蕎麦を頼んでしまった。しかもてんぷら蕎麦。温泉上がりって麺類が食べたくなってしまうのよね。
で、さすがは旅館併設のレストラン。てんぷらはカラっとサックリで、具の海老もぷりぷり、お芋やゴボウも美味しかった〜!
ダシはちょっと風味が飛んでて酸味もあって、煮立てちゃいましたか?って味だったけど、逆にインスタントじゃないってのがよく分かった。
ここで食事をすると1,000円の入浴料が600円に割引になるサービスがある。平日なのに想像したよりもお客さんがいたのはそのせいかも。

詳細
ラベル:大阪 温泉 外食
posted by 青玉 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

伏尾温泉 不死王閣

fushioukaku.JPG

先週末も温泉へ。大阪府池田市にある大型観光ホテルの温泉。
ここの温泉はお湯そのものは湧出量も少なく加温循環で、特にどうということはないのだけど露天風呂が素晴らしい。庭園風呂というだけあって、本当にお庭の中にお風呂があるという感じ。
遠くには伏尾近辺の山々が見え、滝からの流れが池に注ぎ、ほとりにある梅の木には早くも花が咲いていた。そんな景色を眺めながらお湯に浸かっていると、ジャグジーやサウナに入らなくても、あっという間に時間が過ぎてしまう。本当にのんびり出来た。
内湯は一つ、露天は三種類のお風呂で、それぞれが微妙に湯温が違っていて心憎い気がした。露天風呂にある寝湯だけが少し塩素がキツメで、他は内風呂も含め気になる程ではないと思う。

到着してホテルの中に入ろうとした時、エントランスに横付けしていた黒塗りの車の運転手さんが、すっと先にたち自動扉を開けて横で静かに待っていてくれた。ここのところ温泉といっても、殆ど日帰り温泉施設や銭湯ばかりだったので、このさりげないサービスにクラっときた。
たまには宿泊で温泉へ行きたいものだなぁ。


詳細
ラベル:大阪 温泉
posted by 青玉 at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

天然温泉 だんじり湯

danjiriyu.JPG

だんじりで有名な、大阪は岸和田市にある温泉。
建物のテーマはだんじり祭りのようで、外観も中もだんじりを思わせる作り。岸和田に来てるんだな、と実感。
ここは銭湯のようにも利用できる。レギュラーコースは370円で内湯のみ。内湯にも様々なジャグジーがある。
ロイヤルコースは750円で内湯の他に、露天風呂とサウナが利用できる。内湯は共同なので、どのようにレギュラーとロイヤルを分けているかが、非常に興味があった。
いつものように温泉博士をフロントに差し出すと、バスタオルが渡された。ロイヤルコースが利用できるのだ。嬉しいネ。そして次に眼鏡のように丸い穴が二つ並んであいてる、プラスチックカードが渡された。平たくて少し厚みがある。
浴場に入るとまずレギュラーと共同の内湯があり、ガラス張りの内湯の向こうに露天風呂が見える。
露天風呂へ行くガラス扉には取っ手がなく、ちょうどその位置に縦に細長い溝がある。そこへプラスチックカードをスライドさせて入れ、丸い穴に指を引っ掛け手前に引っ張る。カードが簡易取っ手となり、ドアを開けることが出来る。
よく考えたもんだな〜と感心。レギュラーの人は取っ手がないので、手前に引くドアは開けられないのである。
ロイヤルコースの洗い場は露天風呂の奥の室内にあり、そこにだけシャンプーやリンス、ボディソープが設置。そしてその室内に三つのサウナ。
そのうち一つはペンギンサウナという0度のクールサウナ。のぼせそうになったときなど気持ち良い。
色々とアイデアがあって面白い温泉でした。
肝心のお湯は軽くヌメリ感があって、肌に良さそうな感じ。午前中に山乃湯に浸かっているので、肌は既にスベスベでどっちの効果なのか、または相乗効果なのかよく分からず。

mikansui.JPG風呂上りに飲んだみかん水。甘ったるく、無果汁なのにどこかみかんぽい。駄菓子屋の飲み物のような、怪しいながらも懐かしい味。

詳細
ラベル:大阪 温泉 銭湯
posted by 青玉 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。