2006年02月24日

ち〜ず新果瑠都

cheese a la carute.JPG

神戸ち〜ず新果瑠都(アラカルト)というお菓子を頂きました。
ありがとうございます。
チーズの入ったスポンジケーキで、懐かしい味でした。
今朝のトリノ五輪女子フィギュアフリーを見ながら、コーヒーと一緒につまんで寝起きの血糖値を上げました。
感動しましたね〜
日本のフィギュアスケートで、あそこまで魅せられたのは初めて。
文句なしの金メダルにも感動。
採点競技でのメダルは格別なものを感じます。
村主選手はとても残念でしたが本当に良く健闘したと思います。
個人的に気になった選手は16歳のグルジアの選手。
フリーでは緊張したのか思ったような滑りではなさそうだったけど、ショートプログラムの出来はかなり良かったと思う。
これから確実にメダル争いに入ってきそう。
安藤美姫ちゃんや特に浅田真央ちゃんの強力なライバルになりそうで、フィギュアは今後もまた楽しめそう。
美味しいお菓子と共に、今日は素敵な朝でした。

ラベル:スイーツ
posted by 青玉 at 11:02| Comment(6) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

大分のお土産4

ooita miyage4.JPG

どら焼三昧〜!
左側は色々な餡が入っているどら焼。生チョコ、さつまいも、かぼす、黒ごま、チーズ、そして定番のあずき。
どら焼も中身が色々あると、どれにしようかな?っていう嬉しい悩みが出来て楽しい♪ 
さつまいも、かぼす、黒ごまが好みの味でした。
特にスライスしたかぼすが白餡に入ってるかぼすどら焼(勝手に命名)は、さっぱり感があってGood!
右側はぷりんどら。
プリンが入ってるどら焼です。↓こんな感じ。


purindora.JPG

中のプリンだけでも普通に美味しいプリン。
どら焼の皮の方が甘い味で、カラメルの苦味が利いてて美味しかった。
食感が餡子よりも軽いのでパクパクと一気に食べてしまって、後からど〜んとお腹に来ました。
一個でけっこうお腹いっぱいに。
どら焼は大分の新名物なのかしらん。

posted by 青玉 at 12:28| Comment(6) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

大分のお土産3

ooita miyage2.JPG aji maruzushi.JPG

九州限定のベビースター博多のラーメン焼湯布院ラーメンあじの丸寿司かぼすの絞り汁。

ベビースターはおなじみの味付きラーメンではなくて、おせんべいでした。
とんこつスープ味に高菜入り。紅しょうがも入っていて、とんこつラーメンを食べてるような味がします。ちょっと面白いスナック菓子でした。
ベビースターも日本全国、色々限定ものを出してたのね。
ラーメン味だけではなくて、うどんや蕎麦もあって食べてみたくなった〜(ベビースター日本全国おやつ紀行

湯布院ラーメンは味は普通のとんこつなんだけど、添付されてるゆずごしょうが美味しい!ペッパーの胡椒ではなくて唐辛子にゆずが入ったもので、ゆず入り七味という感じのもの。これがまたラーメンと合う。
多めの量だったので残ったゆずごしょうを、うどんや蕎麦に入れてみたけど、ホント美味しい。そしてゆずごしょうばかりでなくラーメン、コラー
ゲンたっぷりです。パサパサだった髪の毛がツルツルになりました。ゆずごしょうが美味しくて、珍しくスープを全部飲んだおかげで気が付いた効果。ゆふいんビールといい、湯布院なんちゃらという商品はけっこう侮れないかも。

あじの丸寿司は大分空港での空弁。右の写真が中身。鯖寿司の鯵版という感じだろうか。鯖寿司は食べたことがないけど、見た感じの印象。ただ鯵は小ぶりで頭側ひとくち、尾側ひとくちで食べられる大きさ。酢じめした鯵と赤紫蘇の風味が良く合っていて美味しかった。
ただ見ためは良いんだけど尾と頭が邪魔かな〜。自宅でも食べにくかったから、機内ではもっと食べにくいかも。持ち帰り推奨ですね。

posted by 青玉 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

ROYAL TIME(モロゾフのギフト)

royal time.JPG

モロゾフのギフト、ROYAL TIMEを頂きました。
いつもお世話になってます、ありがとうございます。

PCをいじっているとなんだか甘い物が欲しくなる。
そんな時に一口サイズのクッキーやチョコは重宝。
特にチョコは手も汚れないし、カスもこぼれ落ちたりしないから便利。
ただ問題なのは、気が付くとすごい量を食べてるってことかな。
我慢するのが一番良いのはわかっちゃいるが・・・

ラベル:スイーツ
posted by 青玉 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

蕎麦の人

oirasesoba.JPG

今年は十和田の蕎麦を送るからねぇ」と言われ、
楽しみに待っていたお蕎麦が十和田市に住む次姉から届きました。
毎年お世話になってます。どうもありがとう。

毎年暮れにお蕎麦を送ってくれるので、年越し蕎麦はここ何年も買ったことがないです。
次姉はさながら蕎麦の人。
長姉がリンゴの人ならば、私の実家はホッケの人で、夫の実家は長芋の・・・かな。
ではウチは何かしらん。
今年は和歌山産のみかんの人になりました。
みかんで色んな物を釣った気がしますわーい(嬉しい顔)

バタバタと家族、親戚中で送ったり貰ったりした12月もあとわずか。
今冬は特に寒くて雪も多いけれど、無事に新年を迎えられそうなことを幸せに思います。
このブログをご覧になってくださった方々も、皆様どうぞ良いお年を。

ラベル:青森
posted by 青玉 at 18:48| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

北の幸

nebutazuke.JPG

実家からホッケねぶた漬けが送られてきました。
どうもありがとうございます。

ホッケはスーパーでも売っているのだけど、送られてくるホッケは本当に美味しい。
大きいし脂も乗っているし、どうしてこんなに違うかな?
ってくらい違うのはなぜだろう。
田舎からお魚が送られて来るのは本当に嬉しい。
ねぶた漬けは関西では、お土産にすると評判が良いです。
やっぱり数の子のせいでしょうか。
青森へ出張する関西の方が、自宅用に毎回ねぶた漬けを買って帰ると言っていました。
他にもお土産などで渡したときは必ず後日、「美味しかったわ〜」と言葉が返ってきます。

今年はお節の数の子、ねぶた漬けで済ましてしまおうかな・・・あせあせ(飛び散る汗)

ラベル:青森
posted by 青玉 at 12:59| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

リンゴは貰うもの

ringo.JPG

リンゴは買うもんでねの、貰うもんだの!
そう豪語する姉から今年もリンゴが届いた。
そして夫の実家からも。
リンゴ農家の多い土地へ嫁いだ姉は、毎年この時期になると家族中にリンゴを配る。
いったいどれくらいの数を貰っているのだろう。
今年はリンゴ農家でバイトしていた友人から頂いたリンゴなのだそう。
手から手へ、人から人へ、リンゴは青森県のまわり物。
一方、夫の実家からのリンゴは十和田産のリンゴを、義父が購入して送ってくれる。
「実家の後ろの方をずっと行くと、十和田にもリンゴ畑があるんだよ。」と夫が教えてくれた。
今度帰ったときにブラリと見に行って見よう。
歩いて行けるとこならば。

nagaimo.JPG

夫の実家からはリンゴの他に長芋も送ってくれる。
これが本当に美味しい。
関西ではお正月の二日にとろろを食べる習慣があるのだそう。
以前におすそ分けをしたときに教えてもらった。
だからリンゴと共に長芋も、おすそ分けするととても喜んでもらえる。
食べきれないのでウチも毎年この時期は、貰ったリンゴや長芋をせっせと配る。
青森から届く新鮮な農産物は、関西の地でも手から手へ、人から人へとまわって行く。

美味しい物を食べて健康でいられるのは、郷里のみんなのおかげです。
本当にありがとう。

ラベル:青森
posted by 青玉 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

稲庭干饂飩

inaniwaudon.JPG

十和田市に住む夫の叔父から稲庭うどんを頂きました。
どうもありがとうございます。

万延元年創業、宮内省御用達、稲庭干饂飩・七代佐藤養助、と漢字がズラリ。
稲庭うどんと知らずに食べてたこともあるかもしれないけど、意識して食べるのは初めてかもしれない。
今晩早速いただこうか。
つけ麺が最良の食べ方らしいのだけど、温麺でいただくことにしよう。
なんていっても今日の大阪の天気は・・・

yukigeshiki.JPG


朝からずっと降り続いてる雪。
こんな日は湯気の上がるあったか〜いおうどんが幸せ。
降り積もる雪を眺めながら、ズズーっとうどんでもすすって・・・と考えてたら、日が射してきて雪も溶け始めてきた。
ちょっと残念かな。

ラベル:秋田
posted by 青玉 at 11:43| Comment(5) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

羽田空港の空弁

hanedakuukou soraben.JPG

左から玄海焼きさば棒寿司焼穴子棒寿司黒いなり
夫の東京出張のお土産なんだけど、東京土産はコレといってなかなか頭に浮かぶ物がなく、食事も手抜きできるし、二人でなんとなく旅行気分ということで空弁のお土産。
大好きな焼きさば寿司は今回は、いつもの若狭のものではなくて玄海のもの。
関鯖らしいです。中身は下の写真。

hanedakuukou soraben2.JPG

鯖は脂が乗っててさすがに美味しかった!
若狭の浜焼さば寿司の方が全体的に甘めの味付けになっていて、お弁当として食べる分にはそっちの方が完成度が高い気がしたけど、これは本当に鯖が美味しくて・・・お酒が飲みたくなる味でした。
焼穴子棒寿司は穴子たっぷり。
これよりも柔らかい穴子寿司を食べたことがあるので、少し固いかな〜と思ったけど量で満足ですね。
この二つは同じメーカーということで、見た目にどちらも男っぽさがあるお弁当でした。
羽田発黒いなり。名前も見た目通り。
備長炭で黒くしてるらしいです。味は特に炭臭く感じなかったです。
黒豆いなり、ひじき木耳いなり、金平いなりの三つ。黒豆のてんぷらが付いてました。
ちょっと変ったおいなりさんて感じで、味もなかなかイケるし悪くないかも。
ちなみにごはんは白いです。

ラベル:空弁
posted by 青玉 at 13:27| Comment(3) | TrackBack(2) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

青森ふるさと食品

kiku sonota.JPG

郷里の姉から色々と届きました。どうもありがとう。

左端上から食用菊、ジャム、ミネラルウォーター、麦菓子、干し餅、人参とうふかまぼこ、つるつるわかめ、醤油昆布。
菊花は茹でたもの。
ジャムはルバーブと黒房すぐりの無添加ジャムで、製造者がなんと青森県立柏木農業高等学校となってます。
創立80周年記念に生徒さんたちが作ったようです。こういうのも良いね。
ミネラルウォーターは白神山地の湧き水。
麦菓子は青森県産の小麦使用のもの、麦チョコのチョコなしといった感じ。ねばりごしでポンという名前がついてました。
その隣に縦に長くあるのは干し餅。素朴な味で4,5歳の頃に食べて以来かも。懐かしいけどなかなか食べ切れないあせあせ(飛び散る汗)
土付きの大きな人参は頂き物のおすそ分け。
とうふかまぼこは初めて食べました。豆腐に塩を少し入れて、かまぼこ型にぎゅっと固めて蒸したような感じでした。
つるつるわかめという商品も初めて。ワカメ入りの糸こんにゃくという感じ
で、つるつると麺のようにすすって食べられる。なかなか面白い商品。
醤油昆布は普通(笑)

色々と青森でしかないような物をみつくろって送ってくれました。
楽しんで食べましたわーい(嬉しい顔)

ラベル:青森
posted by 青玉 at 08:24| Comment(1) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。