2006年08月21日

兄の手土産

aomorimiyage ani.JPG

イカの塩辛ほたて干貝柱鮭とばジャーキーねぶた漬け
ねぶた漬け以外は青森県下北郡佐井村シリーズといった感じ。遊びに来た兄一家からの手土産。ありがとネ〜!
それにしても酒のツマミになるものばかり、よくご存知で。とは言っても塩辛とねぶた漬けは青森では、普段から普通に食べるごはんのおかず。
イカの塩辛は両親がたまに送ってくれていたのと同じ物。その買い物に兄夫婦が一緒にいることはなかったと思うのだけど、同じ品物をお土産に選ぶなんて、家族なんだなぁとしみじみしてしまった。この塩辛はホント美味しくて、コレ以外は買って食べたことがない私。いや買ったことすらないか・・・貰ってばかりで(;´∀`)
鮭とばと干貝柱はつまみだすとやめられない止まらない〜。貝柱は炊き込みごはんにしようかと思ってたのに、もう残り少ないあせあせ(飛び散る汗)
ねぶた漬けは数の子に大根や昆布等をしょうゆ漬けにしたような食べ物。ごはんにのっけてガーっと食べる手抜きには持ってこいのおかず。そうやって何気なく数の子を食べてるなんて、考えてみるとすごいことだなぁ。離れてから知る地の物の贅沢さ。
大阪(関西)を離れるときが来たとしたら、贅沢だったと思い出すのは何になるのかな。

posted by 青玉 at 19:19| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

宮崎のお土産8

miyazakimiyage8.JPG

手前は日向夏&完熟マンゴーのヨーグルトムース和風チーズ饅頭。後ろはいつもの飫肥天おいも豚らーめんセット
失礼ながらあまり期待していなかったヨーグルトムースが、ちゃんとちゃんと生で食べるフルーツの味がして美味しかった。
宮崎といえばチーズ饅頭だけどこれは和風。どんな感じかというと、黒糖蒸しパンの中にチーズが入ってて、レーズンのトッピング。味もその通り。チーズ饅頭は個人的にわらべが一番美味しいと思ってるので、評価はどうしても辛目になりがち。エコヒイキしてるので(笑)
おいも豚らーめんは麺に甘藷が練りこまれていて、歯ざわりも気持ちもっちりとしてうっすらと甘い。スープは豚骨塩や醤油など4食入りで全部違う味。でもどれにもうっすらと甘い感じがする麺が合ってて、細麺好きの私ですが良い感じで美味しくいただけました。
飫肥天は・・・ん〜やっぱり美味しいネ!焼酎が進みます。且⊂(゚∀゚*)

posted by 青玉 at 16:14| Comment(7) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

大分のお土産7

ooitamiyage7.JPG

手前は九州のラーメン各種、左後ろはさつま揚げの詰め合わせ、隣は関鯵の灰干し
ついに関鯵のお土産。今までは値段がチョイと良いからな〜と敬遠していたのだが、溜まったマイルをJALの商品券に交換したので、系列のお店で購入。うーん嬉しいわーい(嬉しい顔)

何度か出張へ行くうちにお土産もだんだんとパターン化。ラーメンとさつま揚げが回数多く登場する理由は、もちろんそれらが好きなこと以外にも当日すぐに食べられるから。
夫の出張は一人のときや複数人のときなどがあり、帰りに現地の空港で軽く食べたり飲んだりすることもたまにあるので、家にいる私があれこれと夕食の支度で悩まないようにしてくれている。
ラーメンだと軽く飲食してきても、何も食べずに帰宅しても食べられるし、さつま揚げなどはおかずにもおつまみにもなる。私は他に何か野菜を少し調理するだけ。楽をしながら美味しいものを食べられる私と、出張から戻ってホッとしている夫。二人でニコニコしながら乾杯する出張帰りの夕げです。
いつもありがとネ!

posted by 青玉 at 15:13| Comment(9) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

大分のお土産6

ooitamiyage6.JPG

一番手前は念願の城下カレイのお寿司。
しめてあるので実際の味はそんなに良くは分からないけど、普通のカレイのお刺身を食べた時に感じるカレイ臭さっていうのがなかった。どちらかといえば平目に似ていて美味しかった。上品な味。
よけいにちゃんと城下カレイを食べたくなってしまった〜。
後はてんぷら久留米ラーメン(とんこつ)と、二つの白い物は湯布院のお豆腐杏仁豆腐のようなもの。お豆腐は豆の味が濃くて美味しかった。もう一つの方は気が付いたら冷蔵庫から消えていて、知らぬ間に夫が食べてしまったようで、どんな感じだったのか分からずじまい。一口くらい食べたかった(´・ω・`)ショボーン
今回は一度は食べてみたいと思っていた城下カレイが、お寿司で食べることができたのがとても嬉しかった。文明の発達と、見つけて買って来てくれた夫に感謝。

サッカードイツW杯もぐずぐず模様ながら無事終わり、しっかりと楽しませて貰いました。
さぁ次は高校野球だな〜と新たな楽しみを期待しつつ、しれっとブログ再開。

posted by 青玉 at 07:17| Comment(6) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

もみじ饅頭

momijimanju.JPG

広島名物もみじ饅頭を頂きました。ありがとうございます。

「おーもみじ饅頭!」「あ、もみじ饅頭だ〜。」
もみじ饅頭を見ると必ずこう言ってしまう。
声に出さなくてもこう思ってしまう。
B&Bを知ってる人だけに分かってもらえる気持ち。

posted by 青玉 at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

宮崎のお土産7

hyuganatsujure.JPG

季節限定、採れたて日向夏ジュレ
見ての通り、日向夏の実をくり抜いた器に入ったゼリー。
ええーなんで加工品なの〜!
と不満を漏らしたら、日向夏は売り切れだったそうで。
何度も宮崎へ出張してるのに、ホント日向夏とは縁が薄い・・・
でもホラこれもこの時期限定だよ!白い皮まで食べれて本物と同じ味!
となぜか一所懸命な夫。(まんま店の人に言われたな?)
空港で売り切れだなんて、日向夏ってすごい人気。
でも私もずーっと春になったら日向夏をと思ってたし、考える事はみんな同じなのだわ。
ジュレはもちろん美味しゅうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by 青玉 at 10:18| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

大分のお土産5

ooitamiyage5.JPG

ゆずこしょうてんぷら

ゆずこしょうは唐辛子にゆず皮が入ったもの。
以前のお土産で、湯布院ラーメンに添付されていたゆずこしょうがとても美味しかったので、今回は単体でのお土産。
これはうどん、蕎麦以外にも味噌でもすましでも汁物にパッパッと入れると風味が増して美味しい。優れもの。
てんぷらは、大分のてんぷらは飫肥天風なのかな?と思って買ってみたそうです。(ウチのお土産は殆ど空港で購入)
手前のてんぷらにはスティック状のサツマイモが入っており、奥の白いてんぷらにはタコの切り身。
どちらも飫肥天風ではない、魚のすり身を揚げたものでした。
久々に飫肥天ではないこういうてんぷらを食べてみたら、少し油っぽく感じました。
ツナギにお豆腐があるのとないのとの違いでしょうか。
こちらのてんぷらはやはり、かぼすを絞った麦焼酎なんかが良く合うんじゃないかな。

大分といえば関サバ、関アジ、この時期には城下カレイでしょうか。
どれもこれも食べてみたいものばかり。
でも高すぎてちょっと手が出ないです〜。
いつかは・・食べられるかな?

posted by 青玉 at 19:21| Comment(8) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

宮崎のお土産6

miyazakimiyage6.jpg

左手前の二つは、めしの具みやざきうなぎみやざきちりめん
その下に重なって少し見えてるのが飫肥天、後ろが日向夏
右手前は宮崎鶏そば、後ろがみやざきラーメン

めしの具はまぜごはんの素。
まだちりめんの方しか食べてないけど、おにぎりにしてお花見のお弁当にしました。
酢飯に混ぜるとちらし寿司風になると書いてあったのだけど、手抜きして紅しょうがだけを一緒に混ぜ込んでアクセントに。
簡単なのに豪華なおにぎりになりました。
刻み紫蘇を入れても良かったかも。
うなぎはゴールデンウィークにでも、またお弁当作ってどこかへ行こうか。
やっと手に入った日向夏。以前から宮崎といえばコレでしょ!と思っていたのに、時期をはずしてばかりいた。
夏に出回るもんだとばかり思っていたら丁度今頃、春の果物だったんですね。
でもなんかイメージと違う。
これ日向夏?と思わず買って来た夫に聞いてしまった。
小さいよ〜(オレンジ位の大きさ)。大きいのと2種類あったそうで、おそらく量で選んだと思われる。本人言わないけど(笑)
夏みかんのような風味で酸味は殆どなくほんのりと甘い。
念願かなってやっと食べることができてとても満足。
でもイメージ通りの大きいのも食べてみたい。
鶏そばはつゆのダシが鶏かと思ったら、日向灘でとれたちりめんダシで、具が宮崎産鶏のうま煮。
気持ち甘めの味付けで、「かけ」で食べたのだけど「ざる」でもイケるそうで、そっちの方がもっと美味しく食べられたかな。
でもまだとても「ざる」を食べる気にはなれない・・・。
みやざきラーメンは以前も食べたことがあるのだけど、この商品は宮崎経済連と響(最近注目の宮崎ラーメンですね)との共同開発だそうです。
スープには宮崎のブランド豚、ハマユウポークが使用されていて、麺はジョイホワイトというサツマイモのでん粉が入っている。
まさに宮崎のラーメンだったのね。
ちなみにジョイホワイトというのは焼酎原料用芋で、醸造すると芋臭がないフルーティな香りがするそう。
この芋の焼酎はたぶん飲んだことないだろうなぁ、飲んでみたいなぁ。(結局そっちに話が行ってしまう)
飫肥天は前回食べてから大のお気に入りなので今回も。
obiten.jpg厚みが分かるでしょうか。紅しょうがや紫蘇の実などもチラホラと。これが美味いんだよね〜。今回飫肥杉の焼酎がないのは、近所で売っているのを発見したから。(ムフフ)

今回はなんだか主食関連系の数が多い。
買う時お腹空いてたのかしらね。

posted by 青玉 at 17:52| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

正直すぎる口

yakisabazushi junpei.JPG

カトちゃんよろしく千鳥足で寿司折りをぶら下げてご帰還の夫。
夜中に寿司(生もの)を持ち帰るのはやめてくれー!
当日に食べないとまずくなって勿体ないでしょー!
だからって寝る前にたらふく米食ってたら体に悪いやんかー!
と言いつつ包みを開ける気持ちは弾む♪
「あっ焼鯖寿司だ〜(〃▽〃)」
夜中といえど好物を目の当たりにしちゃうとつままずにはいられない。
う〜んしょっぱい。コレ塩鯖を焼いたんじゃないのぉ?

たま〜に夫を属みに誘う御仁は、私を気遣ってときどき手土産を持たせてくれる。
この日は近場の寿司屋で属んだらしい。
悲しいことに寿司屋の焼鯖寿司より空弁に軍配が上がる。
「あのね、手土産なんてもういいから。気を使わないでって言っといて。」
と私は言ったつもりだった。
なのに自分の耳に聞えた私の言葉は・・・
「今度は別のお寿司屋さんにした方が良いと思うよ。」

posted by 青玉 at 17:52| Comment(5) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

宮崎のお土産5

miyazakimiyage5.JPG

左上からぶっかけかつお飫肥杉(おびすぎ)、ひでじビール飫肥天(おびてん)、日向夏みかんもなか

ぶっかけかつおはお茶漬けの素。
生の鰹の漬け(づけ)とその漬け汁が入っていて、ごはんの上にそのままぶっかけてお茶かお湯を注いで食べる。
これね〜家で鰹のお刺身買ってきたら作れるやん、と思うんだけど臭みがなくて美味しい。鮮度の問題かも。
飫肥杉は宮崎の芋焼酎。
後日改めて詳しく書きますがまいう〜
ひでじビールはもうお馴染みだけど、本当に本当に美味しい。
今回は今まで飲んで気に入った、いのししのヴァイツェンとむささびの黒ビールのみ。
宮崎へ行く機会がある人は、空港で売ってるので一本でも良いから買って飲んで欲しいな。
コレは本当にお勧め。でも値段は地ビールでもかなり高い方なのでウチはもう今回が最後の予定・・もうやだ〜(悲しい顔)
飫肥天は日南市の城下町飫肥の名産のさつま揚げ。
切ってから写真を撮れば良かったのだけど、この飫肥天は豆腐も入っているので厚めでふんわり。
黒糖も入れてあるので少し甘い味で、おでん種にしたりするものに比べるとこのままで食べる完成品という感じ。
甘いと聞いて最初の一口目はドキドキしたけど(口に合わなかったらどうしようと)、食感と甘さは豆腐ハンバーグの薄〜〜いテリヤキ風味(あまり美味しそうな表現ではないけど)という感じでかなりイケる!
高菜入りやゴボウ入り、チーズ入り、紅生姜入り、ゆで卵入りなどなど種類も豊富。
今までの宮崎土産の中で、私にとってはホームラン、いやVゴールかも。

余談ですが宮崎出身の知人によると、この豆腐入りで甘いさつま揚げが本場のさつま揚げで、鹿児島のさつま揚げも同様なんだそう。
彼女曰くそうじゃない物はニセさつま揚げ、ただのてんぷら
そういえば今では便宜上衣のついた天麩羅と区別する為に、さつま揚げと呼んでいるけど、子供の頃実家ではさつま揚げではなくてんぷらと呼んでいたなぁ。
混在はしてるけど関西でも同じようにてんぷらと呼ぶ人もいる。
飫肥天を食べて思ったけどさつま揚げとてんぷら(魚のすり身を上げたもの)は別物!

日向夏みかんもなかは日向夏の型の中に日向夏風味の餡。
青森のバナナ最中の日向夏版といった感じ。
甘いお菓子は夫の好みで選択。
ぱっと見はこれが一番宮崎土産らしいかも。

posted by 青玉 at 14:59| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。