2005年09月30日

街角のパン屋さん

kinjonopan.JPG


銀行からの帰り道、住宅街の中で新しく出来たパン屋さんを発見。

早速立ち寄ってみると、まだガランとした雰囲気の店内には、他の店と比

べると幾分少なめの種類のパン。でもどれも可愛らしく繊細な感じがする。

幾つかのパンを買って昼食に。

トッピングがなんか美味しいんだよね〜。デニッシュの生地がバターや砂

糖が控えめな感じがするのは、その味を生かす為かしらん。そういえばラ

ズベリーなんかは見た感じ生だったような。(買わなかったけど)

ちょっと良い感じのするパン屋さんでした。また買いに行きま〜す。

posted by 青玉 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

Birthday Present

birthday present.JPG


なんだこの安っぽい花束は、と思うことなかれ。

知り合ってからおよそ20年。初めて夫から花束をもらった。

先日の私の誕生日プレゼント。

当日にプレゼントを贈るという行為は既に廃止された我が家。

予期せぬ出来事に嬉しい驚き。(その一週間前にケンカしたせい?)

「持ち合わせがなかったから、値段は聞かないでね。」

初めて花を買った夫の一言。

野暮なことは聞きません、大体想像もついちゃうし。それよりも

どうもありがとう!これからもどうぞよろしく(?!)

posted by 青玉 at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

魚の棚で買ったご馳走

uonotanakaimono.JPG

カンパチのお刺身を柵で。メバル一盛り、その後ろにあるのは見づらい

けどタコの丸揚げエビ揚げ。右端がいりこ


昼食で食べたカンパチがとても美味しかったので思わず買ってしまった。

身が厚くこれで800円。丸ごとや半身でも売っていたけど、この切り身

よりは身が薄いのに高かったため、この美味しそうな柵を選ぶ。カンパ

チは今まで殆ど食べたことがなかったけど、ぷりぷりとした歯ごたえが

あって美味しかった〜


メバルは殆ど食べるとこがないくらいに小さかったが、10尾以上あって

500円。一人分程の大きさのが1尾800円で売られていて、煮付けや

から揚げも捨てがたかったが、舞鶴で買ったイサキのアラ汁の味が忘れ

られなくて、丸ごと全部味噌汁仕立てにしようと小さい方を選んだ。

メバルの味が味噌に負けてしまうんではないかと不安だったが、これだ

けの数が丸ごと入っていると充分良いおダシが出て美味しくできた。身

を食べるのが大変だったけどあせあせ(飛び散る汗)

美味しいお魚があるとどうしてもお酒を飲んじゃうので(なくても飲んじゃ

うけど)アルコールで疲れた胃に、旨い魚ダシの味噌汁はたまらなく嬉

しい。


てんぷら屋で買ったタコの丸揚げとエビ揚げもGood。丸揚げはどんな

形にしてタコを入れているのか、とにかく金太郎飴のごとく切っても切っ

てもタコが出てくる。エビ揚げは魚のすり身が上品な味でエビのほんの

りとした味と良く合っていた。二つともぺろりと平らげてしまった。


最後はいりこ。そろそろ煮干がなくなりかけて来たので補充の為に。で

もお刺身やメバルと並べてみて分かるとおり大きい!ダシをとる前の腸

取りが楽ちんそうだ〜


またまたお魚三昧(酒三昧?)の週末を過ごしてしまった。これら以外に

デザートに岡山の白桃3個900円で購入。人にあげるばっかりで自分の

口にはなかなか入らない白桃。ハーゲンダッツのアイスが一個280円な

のを考えると、その価値はあると思えるお味でした。幸せわーい(嬉しい顔)
posted by 青玉 at 15:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

舞鶴で買ったご馳走

maizurukaimono.JPG

舞鶴港とれとれセンターで買ったお魚。舞鶴港で水揚げされたアジ2尾

イサキ1尾。


アジは30cmいかないくらいの大きさで1尾500円。丸ごと持ち帰って

自宅でたたきにして食べた。ホント美味しい!この手の魚は鮮度の違い

が一番良く分かるような気がする。なんの魚でも鮮度が良いのが断然美

味しいんだけど、さばきたてのアジはまったく臭みがなくて、生姜などの

臭み消しは不要な程。けれどお造りではなくてたたきにしたのは、さばく

人の腕が未熟すぎるからもうやだ〜(悲しい顔)


イサキは2,300円でけっこういい値段だったが、大人二人で食べきるに

は大きさも手頃だったので。これよりもう一回り大きいシマアジカンパ

になると、身の厚さの違いもあるが1,000円、2,000円増しになる。

お刺身用にさばいてもらって持ち帰り。写真は2柵しか写ってないけど4

柵とれて、アラの味噌汁も美味いよーといわれアラも持ち帰り。メスだっ

たようで立派な卵も1本入っていた。

美味しいという言葉でしか表現できないのが情けないが、本当にお刺身

もアラ汁も美味しすぎて、お酒もご飯もすすむすすむ。買うときは値段が

贅沢だな〜と思ったけど、いざ食べたらすごく美味しくてしかも思ったより

量も多く、こういうものを2,300円だけで堪能出来る事が贅沢だ〜と変

更。


午後2時に舞鶴から家に到着し、温泉上がりに飲めなかったビールを家で

飲む。肴はもちろん舞鶴で仕入れて来たお刺身。このまま堕落していきそ

うなほど美味しかった〜。美味しいお魚でしこたまお酒を飲んだ翌朝に飲

む、アラ汁のまた美味しいこと!いいのかこれで?という程に幸せ〜ぴかぴか(新しい)


posted by 青玉 at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

ロールケーキ

rollcake.JPG

久々に自腹で洋生菓子なるものを購入。最後にケーキを買ったのはいつ

だったか・・


週末神戸に行ったついでにそごうの地下で購入。パッと目にとまったこの

ロールケーキ(正式名は忘却の彼方)を選んだ。バタークリーム風の味で

私にはちょこっと甘すぎたかも。

人気、話題、流行というものに疎いので、箱に書かれてるお店の名前を検

索してみたら、chez copain(シェ・コパン)という神戸の岡本に本店があ

るお店のようです。地元のケーキ屋さんだったのネ。

神戸おやつ日記というブログからの情報。ここのケーキは全体的に甘さが

強めなのかも。でもスウィーツはスウィーツであるだけで価値がある〜ぴかぴか(新しい)


ラベル:スイーツ
posted by 青玉 at 19:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ずんだ餅

zunda.JPG

宮城県の名産ずんだ餅。気になる存在ずんだ餅。一度食べてみたかった

ずんだ餅。

デパ地下でみちのくフェアをやっていたので購入。テレビで見たり、噂は

聞けど食べるのは初めて。ドキドキドキ・・・頂きます!



ごめんなさい、もうしません、私が悪うございましたふらふら



好き嫌いが分かれそうな食べ物とは思っていたけど、夫婦で好みが分か

れた。夫は一口食べて美味しいと言ってたが、私はどうも青臭さが気にな

ってしまった。ウグイス餡ともきな粉ともちょっと違う。その二つは大好きな

んだけどな〜。枝豆も大好きなんだけどな〜。

なかなか迫力ある食べ物だった。



ラベル:スイーツ
posted by 青玉 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

ホワイトデー

whiteday.jpg


そういえば今日(日付けは昨日だが)はホワイトデーだった。

日付けが変わってからご帰還の夫。

PCしながら振り返りもせずに「お帰り〜」

画面と私の顔の間にGODIVAの袋がだら〜ん。

ど、どうもありがとうあせあせ(飛び散る汗)

ホワイトデー限定の詰め合わせなんだって。

ごめんね、バレンタインはダイエーのコトブキで・・・
ラベル:スイーツ
posted by 青玉 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

マイブーム食材

mizuna.JPG


関西に来て知った野菜、水菜(みずな)

初めて食べたのは会社の食堂にておひたしで。

特にクセも味もなく、シャキシャキとした歯ごたえばかりが

目立ち、別に家で食べなくてもいっか〜という感想。

それが去年、居酒屋で水菜のサラダを食べてからハマった。

生でも食べられるなら、応用が利いて使い勝手もイイ。

けっこう油と相性も良かったし。

調べてみたら冬に必要な栄養素満載で、サラダにしても

いわゆる夏野菜といわれるモノより寒々しさがない。

ということで、鍋にうどんにサラダにと今冬我が家で大活躍。

地場産が安く手に入るのも良かった。ご馳走様でした。

水菜の詳しい説明はココを参照。


posted by 青玉 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

至福のコーヒータイム


毎朝、顔も洗わず起きぬけにコーヒーを入れる。

ぼーっとした頭でコーヒーをすすりながら朝刊を読む。

朝の至福のひとときである。


と、いいたいところだが、平日の朝はゆとりがない。

けれどメーカーの電源をオンにして、コーヒーが

ゆっくりと入るまでに身支度をして、洗濯機を回して

朝刊を取ってきて、とりあえず朝の一杯のコーヒーを飲む。

「さて、気合入れてやるか」の切り替え点。

しかし昨日からはインスタントである。

四天王寺界隈で購入した、1kgもあったコーヒーは二日前に

飲みきった。面倒でいつもの安売り店に行きそびれている。

よってつなぎであるインスタントは最大の妥協だ。

今朝も軽く気乗りせずビンに手を伸ばした。

一気に目が覚めた。一杯分もない。

ガーンガーンガーン

面倒くさがってたツケがまわってきた。自分が恨めしい。


中毒なんだろうか、開店時間になると他の事を後回しにして

コーヒーを買いに行く。戻ってからも真っ先にコーヒーを入れる。

やっと今日の一杯にありつく。

「・・・まずい・・・」

卸しで買ったALPHAコーヒーのブレンドとキリマンジャロは美味し

かった。何より鮮度が違ってた。いとも簡単に舌は肥えるんである。

妥協点が上がってしまった。
posted by 青玉 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

鯨餅から知る関西で身欠きニシンが売ってる理由

鯨ようかんのどこが鯨なのか分かったところで、私の故郷青森県にある鯨餅の

由来を検索して調べてみた。江戸時代の交易船によって長崎から運ばれた、

表が黒で裏が白い鯨に似た餅菓子が、交易船の寄港地に伝わり鯨餅が出来

たと言われているらしい。伝わった餅菓子は鯨ようかんではないかもしれない

が、こんな所に繋がりがあったとは驚き。検索してみなかったらどっちも美味

しい鯨の名前がついたお菓子で終わるとこだった。知ったところで何がどうって

わけでもないが調べるうちに出てきたキーワードが北前船


祭りなど京都の文化が持ち込まれたなどという言葉は何度も耳に目にしていな

がら、「交易船によって」という字そのものをダイレクトに頭に入れていた為に

特別なんの感慨もなかった。そんな事もあったのねーふぅん、程度だった。

北前船を検索してみたら江戸時代に大阪から瀬戸内海を通り、日本海を北上

して北海道まで行き、また戻ってくる積荷船ということがわかった。行きは米や

酒、木綿製品などを積み、帰りはニシンや昆布などを積む。そして各寄港地で

もそれ以外に物を売ったり買ったりして利益を得るのである。北前船と呼ばれた

帆掛け舟の写真や航路、運ばれた物資などを見ていると、「交易船」と字だけで

頭に入っていた言葉が現実感を伴った。同時に「廻船問屋」「越後屋〜おまえも

悪よのぉ」などの台詞も思い浮かぶ。


日本各地に文化があって、交易によって影響を受けたものもあり、それらが

この命をかけた航海の足跡なんだなぁと感動してしまった。もちろん成功すれ

ば財は大きいという人間の欲望の足跡でもあるが、その生々しさがまた人間

ぽくて良い。

出張土産の鯨ようかんに始まった疑問は、関東にいた頃は見かけなかった

身欠きニシンをスーパーで見かけたり、昆布の加工食品が豊富だったりと、ちょ

いと青森を思い出す食生活が関西にもあるという疑問を解き明かしてくれた。

元にはスケールの大きい歴史が横たわっていたのだなぁと感動。と共に己の

無学無教養にもちと感動してしまった。
posted by 青玉 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。