2008年01月12日

宿の料理

todaya ryori.JPG

今回の旅行の宿泊先は鳥羽の戸田家
やっぱり温泉があった方が良いし、美味しい魚介料理も堪能したい。
しかもこの時期は伊勢海老が解禁だしネ。
戸田家は色々な宿泊プランがあったのだけど、会社の福利厚生で申し込んだので、どんな部屋と料理なのか不安だった。
でもどちらも申し分なし。
料理は手が込んでいて美味しかった。
特に鯛のアラ煮は、仲居さん自から人気があると言ってくるのも頷けるほど。
鳥羽で食べる伊勢海老はプリプリはもちろん、甘みがあってホント美味しい。

以前に来たときは船に乗って答志島にある宿に宿泊。
古い国民宿舎のような宿だったけど、魚は抜群に美味しかった。
戸田家に比べると民宿のような料理だったけど、魚介の美味しさは答志島の中村家に軍配。
でも戸田家の方は洋風の料理を取り入れたり、ちょっとこじゃれた感があって、タイプの違う料理。
部屋の広さや館内の施設、お風呂の種類などは戸田家に軍配。
もし三度目の鳥羽・伊勢旅行があるのなら、どっちのタイプを選択しようか迷うところ。
基本的には純粋にお魚が美味しい方が好きだけど・・・
まあそれは三度目がある時に悩むことにしよう。

温泉の質は殆どよく分からず。
ただ無料の家族風呂がいくつかあって楽しかった。(かなり狭いけど)
仲居さんや従業員の態度はとても良かった。
お料理を運んできた女の子にちょっとモノを尋ねたら「ヨクワカラナイ・・。」
話し方で名札を見たら中国人だった。
でも後で担当の仲居さんが尋ねたことを教えに来てくれて、きちんとホウレンソウ(報告、連絡、相談)が出来てたのは好印象。

michinoeki sekijuku.JPG帰りは東海道の宿場町だった、関宿の道の駅に立ち寄った。
お土産の他に地場産の野菜などを買い物。
宿場町だった頃の町並みが今でも残っているらしく、時間があれば行きたたかったのだけど、道の駅からは少し離れていて、お天気も芳しくなく寒かったので断念。
三度目の旅行の時にはプランに入れたいな。

ラベル:三重 外食 道の駅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。