2008年01月12日

お伊勢参り

geguu honguu.JPG

伊賀上野、二見へ行った翌日は旅行のメインイベント伊勢神宮へ。
天照大神を祭る内宮と、豊受大御神(とようけおおみかみ)を祭る外宮の二箇所あって、内宮は皇大神宮、外宮は豊受大神宮というのだそうな。
そしてそれぞれの広大な神宮の敷地内には別宮というのもあって、正宮(アマテラスさんとかトヨウケさん)の次に尊い神様が祭られているというお宮がいくつか。
木々に覆われた森の中を、お宮を巡ってお参りしてると、あっという間に時間が過ぎてしまう。
それだけ広いということと、時間を忘れて静かにゆったりと過ごしてしまう。

ise kouyou.JPGトップの写真は外宮の豊受大御神を祭る正宮。
外宮は内宮に比べて人が少なく静かで好き。
内宮はやっぱり日本人の祖先ともいうべきなのか、天照大神なので参拝者も多く賑やか。(神道はさっぱり分からないが)
内宮の敷地内には川があり景色の良い開けた場所もある。

お伊勢参りはこれが二度目。
本来伊勢神宮はお願いごとをするんじゃないらしい。
伊勢を詣でるのはおかげ参りというらしく、一度目の時は知らずにあれやこれやお願いしちゃったけど、今回はちゃんとおかげ参りが出来た。
「二度もお参りに来れたのはお伊勢さんのおかげです。」

ちゃんとお参りできてホッとしたらお腹が空いた。
てな分けで手打ち蕎麦の店みなせへ。

minase kakiagesoba.JPG

三重県には伊勢うどんなる名物があるのだが、あったか〜い汁が恋しかったのだ。
写真は私が頼んだ桜海老のかき揚げ蕎麦
蕎麦とは別で大根と生姜のおろしが添えてあるのが嬉しい。
この天ぷらがサックサクで海老がぷりっぷり、めっちゃくちゃ美味しかった!
minase kamosoba.JPG夫は冬季限定の鴨南蛮
ここでは他に湯葉も食べたけど、どれもすっごく美味しい。
うどんの地だけど、そば粉もちゃんと国産使ってます。
北海道産だそうで、鴨肉は岩手産だそうです。
うーん蕎麦を食べに来て正解だった。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。