2007年04月18日

朝掘り仕込み 小鶴 くろ

asahorijikomi kotsuru kuro.JPG

朝掘り仕込み 小鶴 くろ
小正醸造株式会社

鹿児島の芋焼酎
黒麹


日吉町吉利の生産農家の方々が早朝よりすこしでも新鮮なうちにと朝掘りされたさつま芋(コガネセンガン)を原料に・・
という説明が書かれており、吉利朝掘り会が責任を持って育てましたという文と共に、生産農家の人たちの各氏名とその下に印。

まるで道の駅や無農薬などの野菜みたい(名前入り)。新鮮な物は変な臭味もないし、えぐみも少なくて美味しい。
じゃコレはきっとマイルドで飲みやすいのかもしれない。と考えて初めて私が買って飲んだ芋焼酎がこの朝掘り仕込み くろ
これがキッカケで芋焼酎にハマる。

最初の頃はこの芋焼酎ばかりを飲んでいたのだけど、そのうちこの商品を(近所では)見かけなくなり、三年ぶりにやっと再会出来た。
知らぬ間に舌が肥えて、久しぶりに飲んだらたいしたことなかったりして・・・なんて少し怖いのワタシハ乙女みたいな気持ちになった(笑)
して三年ぶりのそのお味はというと、香りは控えめでクセもなく、マイルドであっさりした飲みやすい味だけど、黒麹のコクと芋の旨みがちゃんとしかも上品に存在してる。うーんやっぱり美味いなぁ。
朝掘り仕込み くろは乙女の気持ちを裏切らない。

ラベル:芋焼酎 鹿児島
posted by 青玉 at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「朝掘り」ってところが何だかそそります(笑)。
これが芋焼酎への入り口だったんですね〜。
3年ぶりでもやっぱりおいしいということは、
このお酒が乙女の気持ちを裏切らないというより、
青玉さんが変わらず乙女だということなのでしょう!(笑)
あ、笑うところじゃないですよね(笑←あ、また)。
Posted by 義人@まるごと青森 at 2007年04月19日 22:40
義人様
普段はおばちゃん、都合の良い時だけ乙女ってのは、人生とても楽に過ごせます(笑)
乙女の時は「右から左へ受け流し」て下さい♪
Posted by 青玉 at 2007年04月20日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。