2007年03月09日

鹿の子温泉 かのこの湯

kanokoonsen kanokonoyu.JPG

神戸市北区にある温泉。
かつては山の中の一軒宿だったそう。今は宅地開発されて広い道路に郊外型の店が並んでいたり。
神戸市といってもここは六甲山の北側、有馬温泉よりも更に奥。殆ど三田市といってもいいかも。

湯あそびひろば系列で広さもほぼ銭湯といった感じ。
平日の夕方に行ったせいか、利用客も地元の人ばかりで、これもまた銭湯にいるような雰囲気。
お湯は私には特にこれといった特徴は感じず。でも肌がつるっとする美人の湯らしい。
天然温泉の露天風呂が和風の延命の湯、洋風の寿々の湯の二種類あり、男女日替わり。私は寿々の湯でした。ん〜洋風?
露天風呂にはヘルツバス(電気風呂)が隣接されている。他の温泉でもよく見かけるのだけど、私はまだ一度も浸かったことがない((;゚Д゚)コワイヨー

同じ湯あそびひろば系列で、ここより土地代がかかる場所でも、銭湯料金で営業している温泉があるので、ここは場所や施設の規模からすると700円は高く感じる。(私は相変わらず無料利用なんだけど)
けれど割引日があったり、ポイントカードがあったり、色々とサービズディがあるらしいので、頻繁に訪れる地元の人たちは賢く利用しているのかも。
従業員の接客はとても感じがよくて気持ちよかった。

kanokoonsen gyunyu.JPGお湯がどーの規模がどーのと言っても、風呂上りはやっぱり牛乳。
最近のキャップはプラスチック製が多い。昔ながらの紙の蓋だったので、懐かしくてついパチリ。

鹿の子温泉 民話の温泉 かのこの湯

住所:神戸市北区長尾町宅原1611
電話:078−986−2745
料金:600円
営業:午前9時半〜深夜1時半(受付は1時迄)
   土曜・特定日(GW、お盆、年末年始等)午前9時半〜深夜3時(受付は2時半迄)

備品:リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤー

鹿の子温泉 かのこの湯
ラベル:兵庫 温泉
posted by 青玉 at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電気風呂のびくびくはなかなか快感ですよ〜(笑)。
年を重ねたら感度が悪くなった気がしますが・・・。
血の巡りが悪くなったからなのでしょうか(笑)。
怖いのは最初だけですよ〜。
Posted by 義人@まるごと青森 at 2007年03月10日 23:27
義人様
びくびくするんですかっ?
ゆ、指輪をしてたらまずいんじゃないか?か、感電しないのか?などと考えてしまってビビってます。感電なんてするようなら、お風呂屋さんにヘルツバスなんてあるわけないのは、頭では分かってるんですけど・・変なところで気が小さい(笑)
Posted by 青玉 at 2007年03月11日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。