2007年03月08日

道の駅あいおい 白龍城(ペーロンじょう)

michinoeki aioi.JPG

赤穂から海岸線沿いを走り相生市へ。目指すは道の駅あいおい
ここは温泉が併設されている道の駅で、道路を挟んで向かい側にはマックスバリューや飲食店がある。しかもペーロン祭りはこの道の駅の前の海で開催されているようなので、ものすごく便利なところ。
2年前に室津から足を伸ばして立ち寄り、温泉に浸かったついでに買い物をして帰ったことがある。今回は温泉ではなく買い物目当て。

micinoeki aioi kaimono.JPG乾燥小エビとカキと塩。他に野菜をいくつか。
小エビは焼きそばに入れたりおひたしに振り掛けたり。カルシウム補給。
カキは加熱用だけど1kg780円で安かった!牡蠣鍋、牡蠣フライ、牡蠣のチヂミにして3日で完食。残ったら佃煮に挑戦してみようかな?と思っていたんだけどネ。鍋ではかなりたらふく食べたのに、飽きもせず毎日ウマイウマイと食べきってしまった。特にチヂミが意外に美味しくて、レパートリーがひとつ増えた。
塩は前回来たときに買ったものと同じ赤穂の焼き塩。この塩は気に入っていたので、塩を目当てに立ち寄ったと言っても過言ではないかも。

michinoeki aioi mon.JPGペーロン祭りは生で見たことはないけど、細長い船に20人以上が乗ってオールで漕ぎ速さを争う競技。レガッタに似てるかな。
道の駅の海を挟んだ前には巨大な規模のIHI(石川島播磨重工)があるのだが、ペーロン祭りはそこの社員の海上運動会が元になってるらしい。
長崎にもペーロン競争というのがあって、その辺りの地域出身者がこの相生のIHI(当時は違う社名だと思う)にたくさんいて、故郷を懐かしんでペーロンを持ち込んだのだとか。と、どこかで見たような気がするんだけど。

道の駅あいおい 白龍城

住所:兵庫県相生市那波南本町8−55

道の駅あいおい 白龍城
ラベル:道の駅 兵庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。