2007年01月21日

休暇村 紀州加太

kisyu kada keshiki.JPG

露天風呂から見える絶景。遠くに見えるは淡路島。
和歌山市にある休暇村 紀州加太は玄関から中に入ったとたん、この景色が目の前に広がる。本当に眺めが良くて気分が良かった。
入浴目的で行ったのだけど、残念ながらお風呂は温泉ではなかった。けれど備長炭がたくさん入れられていて、眺望だけに頼らず努力しているのだなぁと感じた。
露天風呂の後ろにある脱衣所の、大きな窓からも同じ景色が見える。
ということは露天風呂も丸見え。その露天風呂はお風呂の真ん中に、備長炭が檜の木箱に入れられて置いてある。ちょうどみかん箱くらいの大きさ。
着替えながらふと目をやると、後姿でおばちゃんと判別できる方が、その木箱に抱きついていた。見てはいけないものを見てしまったような、そんな気持ちで視線をそらす。が、やはり気になってもう一度見たら、今度は箱に手を置いて腕立て伏せを。確かに露天風呂にはおばちゃん一人なのだけど・・・
と、常に開放感があって気分爽快な所でした。
ラウンジでお茶を飲むためにドライブしてくるだけでも、かなり良い気分になれるかも。

kyuukamura kisyu kada kanbn.JPG

海が見えると必ず「わ〜〜」という声が出ちゃうのはなぜ?

休暇村 紀州加太

住所:和歌山県和歌山市深山483
電話:073−459−0321
営業:午前11時半〜午後3時(受付は2時半まで)
定休:水曜日
料金:500円

備品:シャンプー、トリートメント、ボディソープ、化粧水等、ドライヤー

休暇村 紀州加太
ラベル:和歌山
posted by 青玉 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい景色ですね!
加太にこんなところがあったなんて!?
木箱に抱きつくおばさんを差し引いてもお釣りがきますね(笑)
Posted by imolog at 2007年01月22日 22:16
imolog様
視界は広いし気分は良いし。ホント良かったです。
海を見ながらボーっとするのって良いですネ〜。
木箱のおばさんは「新春特大ふろく」だったかもしれませぬ(笑)
Posted by 青玉 at 2007年01月23日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。