2006年11月13日

ひやおろし 純米原酒

hiyaoroshi.JPG
 ひやおろし 純米原酒
 末廣酒造株式会社

 福島の日本酒
 原料米:会津産五百万石
 精米歩合:60%
 度数:17〜18度
 日本酒度:+2.0
 酸度:1.5
 アミノ酸度:1.0


冬造られたお酒(新酒)は、春火入れされタンクに貯蔵されます。
そして暑いひと夏を越し、秋になって円熟したこのお酒を
「ひやおろし」と呼び、古来、秋の旬のお酒として喜ばれて来ました。

と、杜氏のひとこととして裏ラベルに記載。

出張自炊生活のススメというブログで、ひやおろしなる日本酒を発見。
今の時期しか味わえないとなればミーハー心が疼く。
気にして探して見ると、いつも行くスーパーに何種類か入荷。
いくつかの酒造のひやおろしがあったのだけど、純米と値段でこの会津のお酒に決定。
少し舌にピリリとくるような深い味わい。(のような気がする)
残念ながら違いの分かる舌の持ち主ではないのだけど、とりあえず満足満足。
肴はおでん、熱燗にしていただきました。
おでんは各地で入れるものが違ってて面白い。
関西では牛のスジを入れるし、関東ではちくわぶなるものが入ってる。
青森ではつぶ貝が入る。
我が家の最近のお気に入りは、ロールキャベツとトマトです。
この日はそれにきりたんぽも入れてしまいました。
殆ど闇鍋と化してきたウチのおでん。



ラベル:日本酒 福島
posted by 青玉 at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひやおろし気になりますね!
冷で飲んでも美味しそう。
もうおでんが美味しい時期になってきましたね。
おでんで一番すきなのは、ちくわぶです。
九州のおでんでは見かけたことがありませんね。スーパーでは紀文のちくわぶが売っているのでたまに買ってますが。
Posted by hiroyuki at 2006年11月14日 00:05
ひやおろし!の字体が何処のメーカーも似てて
微笑ましい気分になります。(笑)

知らないお酒を買う時ってどうしてもラベルの
デザインって気になりますよね。
「まぁいっぺん試してみなよ」って語りかけてくるような
こういう字体に弱いんです。(笑)

私の住んでいる地域では牛スジを食べる習慣が
ないんですよ。
関西圏に初めて行って食べた牛スジ煮込みが
カルチャーショックだったのを思い出します。
現在はウチでもよく作ってますよ。(^v^)

Posted by あかうお at 2006年11月14日 21:00
hiroyuki様

どっしりとした飲み口だったので燗をつけてみました〜冷やでも充分いけますよ♪
関東にいた頃はセブンイレブンのおでんのちくわぶが好きでした。
アレは何で出来てるんでしょうね。もっちりとして美味しいですよね。
Posted by 青玉 at 2006年11月14日 22:29
あかうお様

すいまーん、勝手にリンク貼らして頂いてます!
そういえば字体が似てますねぇどれも。味が分からないと、どうしてもラベルの雰囲気で想像してしまいます。それではずすこともよくあるんですが(笑)
私も牛スジはこっちに来て初めて食べました。独特の良いダシがでるんですよね〜。
私はお好み焼きのスジ入りが好きなんです(゚∀゚*)ウマー
Posted by 青玉 at 2006年11月14日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。