2006年10月16日

秋の味覚

sarabiki kaimono.JPG
秋の味覚を買出しするぞ!と、いきなりその気になった晴天の週末。
この時期の関西の味覚といえばそう、丹波黒枝豆
ということで車を丹波方面に走らせ道の駅へ。
買った物は黒枝豆甘長とうがらし干しいたけ番茶
甘長とうがらしは新鮮な地場物。干しいたけも地場物の原木自然栽培。番茶は衝動買い(笑)
丹波栗は身がギッシリシッカリしてて簡単には崩れない。
まずは栗ご飯でいただきました。後はどうしようかな〜
黒枝豆は普通の枝豆より粒も大きくて、ホックリお豆さんという味。
一度食べてから大好きになった。
週末中お腹いっぱい食べたのに、まだある残りを見てまたまたニンマリしてしまう秋の味覚。
michinoeki sarabiki.JPG枝付きの黒枝豆は兵庫県篠山市の路上販売で。
他はすべて京都府船井郡京丹波町にある、道の駅瑞穂の里さらびきで。
この辺りは兵庫県と京都府の県境で、どちらにも丹波と名の付く町(市)がある。
丹波栗や丹波の黒豆と言われるのはどっちの丹波?
と、こっちに来た時は思っていたのだけど、おそらく県境が出来る以前から、この辺一帯が丹波と呼ばれる地方だったのではないかな?と推測。
sarabikisoba.JPGついでに道の駅でお蕎麦を食べてきました。
もっちりした歯ごたえのある太めの蕎麦。
ツユは少し甘めの山の蕎麦という感じ。
あっさりめだけど鶏とか合鴨のダシなのかな?よく分からなかったんだけど美味しかった。
黒豆コロッケはお芋さんがホクホクでこれも美味しかった〜。
我が家は秋の味覚祭り開催中。

ラベル:道の駅 京都 兵庫
この記事へのコメント
どっちも丹波地方。そのとおりなんだと思います。
青森と岩手にまたがった「南部地方」もそうですもんね。
それにしても「秋の味覚」はおいしそうなものばかりですねー。お酒も進みそう・・・(笑)。
Posted by 義人@まるごと青森 at 2006年10月16日 20:01
これが山の幸ですねー♪家でも栗ご飯を炊きましたけど、そちらの栗は間違いなく美味しそうですものねー!
甘長とうがらしって、どうやっていただくんですか?弘前でも甘いとうがらしがあるみたいですが、私は食べた事がありません。とっても美味しそうですね、全部。干し椎茸は戻したものをバターと塩コショウで炒めると意外に美味しいんですよー。是非お試しください。
Posted by みみ at 2006年10月17日 15:03
義人様

私も南部地方と同じことかな?と思いました。
>お酒も進みそう・・・
スルドイですね〜簡単に分かっちゃいます?(笑)
Posted by 青玉 at 2006年10月17日 17:50
みみ様

干しいたけを炒めるという発想は今まで無かったですよーびっくり!試してみます〜

甘長とうがらしは私もこっちに来て初めて知ったんですヨ。
見た目は大きな青唐辛子なんだけど、まったく辛くなく、シシトウよりも甘くて美味しいんですよ。
だから同じように使うけど、煮付けと一緒に煮て添えたりするのが多いかな。一番美味しいと思ったのは天婦羅!
Posted by 青玉 at 2006年10月17日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。