2006年09月25日

明るい農村

akaruinouson.JPG

明るい農村
さつま霧島酒造

鹿児島の芋焼酎


昔こんな名前の番組を見た記憶があるけど、焼酎だとすれば
一度聞いたら見たら絶対に忘れないインパクトある名前。
美味しくてじっくり味わう間もなく飲みきってしまった。
芋の甘みもコクも充分味わえて、さりとてクドさやクセはなく。
芋焼酎の美味しいとこどりという感じ。
HPを見て、白麹と黒麹使用の原酒をブレンドしている
と分かって合点がいった。
とにかく混ぜれば良いってもんでもないから
絶妙な調合具合なのかもしれない。ホントおいすぃ〜グッド(上向き矢印)

akaruinouson akaimo.JPG この明るい農村を買ったその足で、
 地鶏の炭火焼きの店へ飲みに行った
 ツワモノ夫婦ですが、その店で
 「甘みがあって芋っぽくてクセのないもの」
 と言って選んでもらった芋焼酎が写真左。
 ラベルの微妙な違いはコチラは赤芋仕込み
明るい農村。
偶然なのか袋の中身を見られたか。
でもこの赤芋仕込みの方もまたとても美味しかった。
少しクリアな感じの甘さとでも言ったら良いのかな。
でも一杯だけだったので詳しくは覚えてないのだけど。

ラベル:鹿児島 芋焼酎
posted by 青玉 at 17:36| Comment(8) | TrackBack(1) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ♪

たしかに、同タイトルの番組が某局でやってましたね。懐かしいです。
いい感じのラベルだし、飲みたくなりますね。飲めば明るくなるんだろうなー。
「よ〜し、もう一杯!」
Posted by reev at 2006年09月25日 19:53
reev様

こんにちは^^
そういえばこのラベルを見ただけでも、なんだか明るい気分になります。
飲んだらもっとですね。もう一杯、あと一杯が止まりません(笑)
Posted by 青玉 at 2006年09月26日 15:27
「明るい農村」
酒屋では見るのですが、今だに手に取ったことがありません・・・
でも・・・そろそろ飲んでみたいですね♪
Posted by imolog at 2006年09月26日 22:12
imorog様

まだだったんですね。imorogさんはどんな感想だったのかと記事検索してしまいました^^;
一度ご賞味あれ。
Posted by 青玉 at 2006年09月27日 12:49
「明るい農村」に惚れました(笑)。
今日は、帰り道の酒屋という酒屋に寄って、この焼酎を探し出してみたいと思います。絶対飲みたい!!!(笑)
Posted by 義人@まるごと青森 at 2006年09月27日 13:15
惚れましたか?(笑)名前もラベルも良いでしょ。味も良いですよ。
青森の秋の味覚を並べたテーブルに置いても、きっと違和感なしです。見つかると良いですネ!
Posted by 青玉 at 2006年09月27日 20:43
売ってる店は知っているんですが、まだ飲んだことがないです。これも人気があるのでプレミアついてますね。
種類も何種類かあるので次回はチャレンジしたいと思います。
Posted by hiroyuki at 2006年10月11日 10:43
hiroyuki様

そうですね、でも200円程高かっただけなので、ネットで買ったり遠くまで買いに行くより全然安く買えました〜。
私はコレ美味しいと思いますよー^^
Posted by 青玉 at 2006年10月11日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

昼はフレシネ、夜は明るい農村なのだ
Excerpt: 昨日は、天気も良かったので ばあちゃんのいる老人ホームへ遊びに行った。 いつもどおり、行く前に電話で 「お昼買ってくけど、何がいい?」って聞いたら 「お肉♪」 うちのばあちゃんは、昨..
Weblog: ごくらくねっとらいふ ―お気楽☆ごくらく手帖―
Tracked: 2007-01-19 19:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。