2006年04月15日

天使のはしご

tenshinohashigo.JPG

天使のはしご
株式会社正春酒造

宮崎の芋焼酎

芋の甘みという甘さが強く、ロックで飲むと甘いのだけどすっきり。
けどなんか・・・屋根に登ったら天使にはしごをはずされたって感じ?
何かが足りない、何かが期待はずれで思わず天使を悪く言う私。
次にお湯割りで飲んだら、うんなかなかイケる。天使がはしごを戻してくれた。(天使のはしごってそういう意味じゃないみたいだけどあせあせ(飛び散る汗)
足りなさは何かというと香り。
まず最初にくる、私は芋焼酎でございますよ〜という香りが弱い。
味にだけ芋が存在してるような感じで少し淋しい。
だからお湯で香りを立てた方が満足感がある。
お湯の温度もぬるめの方が良い感じ。

酒造会社のサイトに天使のはしごが載ってなかったので、検索して色々見てみたら原産国がベトナムという話も。
原産国表示されてるラベルとそうでないラベルがあるのかなぁ。
ウチが購入したものには何も書かれてなかったんだけど・・。
酒造会社が宮崎なのでとりあえず文頭の、宮崎の焼酎というのはそのままに。

ラベル:宮崎 芋焼酎
posted by 青玉 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。