2006年04月05日

正直すぎる口

yakisabazushi junpei.JPG

カトちゃんよろしく千鳥足で寿司折りをぶら下げてご帰還の夫。
夜中に寿司(生もの)を持ち帰るのはやめてくれー!
当日に食べないとまずくなって勿体ないでしょー!
だからって寝る前にたらふく米食ってたら体に悪いやんかー!
と言いつつ包みを開ける気持ちは弾む♪
「あっ焼鯖寿司だ〜(〃▽〃)」
夜中といえど好物を目の当たりにしちゃうとつままずにはいられない。
う〜んしょっぱい。コレ塩鯖を焼いたんじゃないのぉ?

たま〜に夫を属みに誘う御仁は、私を気遣ってときどき手土産を持たせてくれる。
この日は近場の寿司屋で属んだらしい。
悲しいことに寿司屋の焼鯖寿司より空弁に軍配が上がる。
「あのね、手土産なんてもういいから。気を使わないでって言っといて。」
と私は言ったつもりだった。
なのに自分の耳に聞えた私の言葉は・・・
「今度は別のお寿司屋さんにした方が良いと思うよ。」

posted by 青玉 at 17:52| Comment(5) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空弁・・・それって、「○ちこが・・・焼鯖・・」っていう、あれ???
気になりつつまだ口にしていませぬ。
そういえば、昨日見たスーパーの催事にあったような・・・ 塩鯖大好きなんだけど。塩加減って、重要よねwww
Posted by わかめ at 2006年04月06日 19:42
うわ〜、ウチのオットとおんなじおんなじ!
オットが飲みに行くと飲み仲間の友人が気をきかせて「奥様へのおみや(あぁなんて素敵な響き)」にしてくれます。
朝起きると食卓に握り寿司の包み。
中には私の好物の「子持ち昆布の握り」も!(↑コレステなんざ二の次だわさ)

朝一に寿司を食べるのもわるくありませんぞ(笑)
でも、寒い青森だからできる話かもですネ。
Posted by ケイ at 2006年04月07日 09:10
わかめ様

そそ、その空弁よ〜。
この焼鯖寿司は塩でシメちゃってる感じで、身もなんだかパサ〜だったのよー。間に挟まれてるガリもなんだか、塩だけはサービスしましたから〜って感じでダブルだったのよねぇ、残念だわー。
みちこがお届けする若狭の浜焼き鯖寿司はσ゚д゚)ボーノ!
初めて食べた焼鯖寿司だったから、コレがデフォになってるのもあるかも。
ブームの火付け役になった空弁だから、一度みちこさんにお届けされてみ?んまいよっw
Posted by 青玉 at 2006年04月07日 11:18
ケイ様

お〜っ!おみや(・∀・)人(・∀・)ナカーマ
子持ち昆布は私も大好き〜数の子よりも好き(おんなじなのに)
意地汚いからどうしてもその日のうちに、少しでも味わっておきたくなってしまうのよね〜
また見計らったようにまだ私が起きてる時間に帰ってくるもんだから、どうしても味見せずにはいられないっ!
結局残して冷蔵庫行きになって、翌朝に軽く干から〜な生ものたち(´・ω・`)ショボーン
(なんとなく心配で冷蔵庫に入れてしまう。シャリが一番まずくなるのよねぇ、生じゃないのに)
Posted by 青玉 at 2006年04月07日 11:31
紅玉が青玉は寿司っぽい帰還ー!
Posted by BlogPetの紅玉 at 2006年04月10日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。