2004年12月18日

災い転じて福と為す・・・か?

昨夜11時頃に夫から電話がかかってきて、出たときには既に切れていた。

いつもならそのまま放っておくんだが、昨日は高速に乗って一時間程した

所で飲み会だと聞いていたので、お泊りするのかなと思いこちらから電話

をかけ直した。

私「もしもし、さっき電話よこしたでしょう、何?」

「ええぇぇ〜おれぇ電話ぁしたっけぇぇぇ、電話したあぁぁ?」

怪しいロレツに不必要にデカイ声、べろんべろんである。上機嫌なのか。

私「出たら切れたからさ、なんだったの?」

「11時のバスで帰るよぉ〜んでさぁ〜俺ぇぇ財布落としたっ全部

  入ってたっっみんな落としたあぁぁぁ・・・俺ぇ電話したっけぇ?」

ひぇーーーっ!!財布を 失くしたってのに電話したっけ?とは何事ぞ!

最後に確認したのは何時ごろなのか、かみ合わない会話でなんとか

聞き出し、夫が持ってるキャッシュカードとクレジットカードの取引を停止

してもらう。その後べろんべろんに酔って帰って来た夫は

「俺ぇ電話したっけぇ?あれぇ?」とまだ言うか。一体財布と電話とどっち

が気になるんだ、このおっさんは。とりあえずカード類はストップさせた事

を伝えて、後は警察に届けないとねと正坐しながら言ってたら

「んありがとーケイサツぅ〜今ぁ?ぐぉめんねぇぇぇ・・・・んごごごご」

と勝手に膝枕をして寝てしまった。

かなり酔ってたので可哀相だったけど、財布には免許証や社員証など

悪用するには持ってこいの個人情報満載だったので、朝早く起こして

警察へ行かせた。何かあったときにはコレが担保になりますから、と

言われて持って帰ったのは、遺失届け受理番号○○○番と手書きされ

た葉書きサイズのわら半紙一枚。もしサラ金なんかでお金を借りられて

ヤ○ザまがいの取立てをされた時に、このわら半紙をヒラヒラさせて

支払い責任はないって言うのも迫力なさすぎ・・・ (T_T)  

気を取り直し夫の実家に電話をかけて、事の顛末を説明しておれおれ

詐欺(振り込め詐欺)に引っかからないように注意を促す。心配しすぎと

思われようがこのご時世、もう昔の日本とは違うんである。

現金は抜き取られててかまわないから、その他の物はまるごと残った

まんま、財布がどこかで見つからないないかなぁと甘い希望もある。

「俺にとって2004年はこういう年だったのか・・」とつぶやいて

意気消沈している夫でありまする。が、難を逃れたのが一つだけある。

年末ジャンボ宝くじである。・・・かっ神様 ( ; ; ) 

 

 

posted by 青玉 at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑っちゃいけないない、と思いつつも旦那様の「電話したっけぇぇぇ?」で爆笑してしまった。
見つかるまで気が気でないよね・・・。週明けに戻ってくることを期待してます。
Posted by ロッテ at 2004年12月20日 06:09
とうとう全部出てこなかったわ。
・・・と、今頃しれっとコメントしてみるw
Posted by 青玉 at 2005年01月20日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。