2004年12月10日

デジカメの意義

以前テレビのビストロスマップに映画監督の周防正行氏が出演して

いた。その時に持参のデジカメでスマップが調理しているところや

出された料理など頻繁に写真撮影をしていたのである。色々なもの

をしょっちゅう撮影しているとのことで、本人曰く記録魔。


そうか〜記録かぁ、どうりでね。

旅行した時の写真をアップして、その時の思い出などを書き込んで

みようかと思ったりするんだけど、ほとんど真ん中にでーんと自分や

夫が映っていて使えない。(覚悟さえ決めれば使えるんだろうが)

しかも写真の枚数自体がとても少ない。

なんでそういうことになるのか周防氏のおかげで納得。私は記録では

なく記念撮影
しかしていなかったのだ。


デジカメは簡単に記録を残せるツールなんだと今頃気付いた。

しょうがないよ、初めてデジカメを買ったのは去年だもん。しかも

上手に撮影できなくて、興味を失ってしまいこんでたし。(´;ω;`)

先々月に初めてカメラ付き携帯を持つことになり、ふだんからカメラ

常備という状態になったのはつい最近なんだし。デジカメとは、見た

ものを記録するもう一つの目なのだ。ということが分かったところで

ぜひ私もデジカメを活用し日々の記録を残したいと思っている。


・・・がしかし、旅行の写真枚数自体が少ない事を考えると、記念

撮影であれ記録写真であれ私にとっては同じなんじゃないだろうか。

だって写真を撮ることそのものが面倒くさいんでございますよ。

posted by 青玉 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。