2009年06月26日

淡路島

今思うと寒さも懐かしい昨年12月。
旅行券を貰ったので淡路島へ一泊旅行。
sumoto tosyokan2.JPG

洲本市にある鐘紡等の旧紡績工場の跡地にある、レンガ造りの古い建物群。
今ではショップなどが入っているが、図書館もこの中にある。
旅行者ではあるがこの図書館で本を読むのが好き。
実際はゆっくり本を読む時間などないので、以前に訪れた時と同じように過ごす。
淡路島の観光ガイド本などを見るのだ。
リラックス出来る図書館だけど、張り巡らされた塀の高さに、映画あ々野麦峠を思い出したりもする。

yumesenkaku heya2.JPG

あまり良いお天気ではなかったので、そそくさとチェックイン。
宿は♪ホテルニュー淡路〜♪の別邸夢泉景の特別フロア里楽。
和室に空きがなく洋室にしたのだけど、トリプルルームだった。
車椅子仕様に出来ていて、廊下やトイレも広く段差なし。
二人で行ったので広々と使えるのに、する事といえばせせこましく二人ソファ(↑写真)に並んで海をボーッと眺めるばかり。
普段自分ちの窓から見えるモノっていったら、向かいのマンションだけだもんね。

yumesenkaku ryori.JPG宿は旅行社のパンフから選びJTBで申し込んだ。
そこのお姉さんが「お料理はフグづくしコースがございますが、いかが致しますか?」
と聞いてきたのでしばし悩み「んーーーと、づく…さない方で。」と答えた。
すかさずお姉さん。「ではづくさないコースでお取りします。」
づくさないコースのメインは天然鯛を中心としたお造り。
瀬戸内の上品で淡白な味わい。

yumesenkaku choshoku1.JPGyumesenkaku choshoku2.JPG
こちらは朝食。
昔に比べると最近の旅館の朝食は豪華になったよね。
個人的にはシラスやひじき煮が嬉しいが、ミニ豆乳鍋も嬉しかった。
そして何気なく普通にある玉葱のサラダ。
夕食のときもそうだったが、玉葱が抜群に美味しい。
甘い。超甘い。驚きの甘さ。
淡路島は玉葱の産地と知ってはいたが、こんなに美味しい玉葱があるなんて!
帰途に着く途中、淡路島の道の駅で思わず玉葱を買ってしまった。
普通の玉葱ではなくかくし玉という種類。
コレはホントに美味しい。まさに隠し玉。
かくし玉を知っただけでも、淡路島に行って良かった思えるくらい。

淡路島二日目は軽く徳島県まで。
といっても鳴門大橋を往復するだけだったけど。
でも橋の上から渦潮の出来始めを見ることが出来た。助手席の特権。
それから洲本市五色町にある、江戸時代の廻船業で名高い、高田屋嘉兵衛の歴史資料館等見学。面白かった。

awajishima gyuudon1.JPG淡路島では牛丼プロジェクトなるものがあり、淡路産牛、淡路産玉葱を使った独自の牛丼を、島に点在する各飲食店が提供するというもの。
中華料理店、フレンチレストラン、蕎麦屋など様々な店が、様々な値段で、それぞれのオリジナル牛丼をメニューに出している。
牛丼は好きではないのだが、ポスターを見たらなんだか無性に食べたくなって。
旅館で食べた淡路産の牛肉と玉葱が美味しかったせいだ。
それで道の駅淡路のレストランで、人生二度目の牛丼を食べた。
ヤバイ。美味しい。肉旨い。
出来ることなら淡路島で牛丼巡りしたい。

ラベル:兵庫
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。