2009年06月21日

蕎麦見世のあみ

noami nukazuke.JPGnoami sobatofu.JPGnoami kakuni.JPGnoami umetojisoba.JPG

冷水でキリッと〆た、香り高いお蕎麦をズズーッとね。
田舎蕎麦だから色も濃くて太いし、歯ごたえもしっかりと。
ツユは甘さ控えめでダシの良い味。
最後の蕎麦湯がとろりと少し濃い目なのがまたイイね。

てな感じで昨夜、お蕎麦を食べたんだけど写真はなし。
運ばれて来たとたん脇目も振らずに完食。
お腹が落ち着いたところで居酒屋モード突入。
そういう訳であまり蕎麦屋らしからぬ写真がズラリ。

水ナスのぬか漬、蕎麦豆腐、豚の角煮のあっさり梅風味、梅玉子とじ蕎麦。
名前は適当。忘れてしまった。
一緒に行った夫は最初から居酒屋モードだったので、掛け蕎麦で最後の締め。
美味しい梅干しだったなぁ。紀州産だと思う。
掛け蕎麦の汁も甘さ控えめの、おダシ濃い目で好きな味。
この店は全体的にあっさりしたお味な気がする。
角煮もさっぱりとした味付けで美味しかった。
梅がまたよく合う。

ここは焼き鳥野乃鳥の系列店で、メニューには焼き鳥もある。
野乃鳥はこの辺ではわりかし有名店で好きな人も多い。
そういえば、野乃鳥の焼き鳥のタレもさらりとしてて、あっさりめな味だった気がする。
私はここの手羽が好き。

noami kuheiji.JPG

蕎麦とくればやはり…
グラスから溢れるまで注ぐのがこの店のデフォ。
だからという訳ではないけれど、ここの店員さんは皆感じが良い。
明るく愛想が良くて好き。

醸し人九平次(かもしびと くへいじ) 純米吟醸 雄町
日本より先にフランスで人気が出た蔵のお酒と聞いた。
これは美味しい。


それにしても最近、グラスに溢れんばかりのお酒を飲むとき、口が迎えに行ってる。
ような気がする…
いやもうなんだかね。

蕎麦見世のあみ
住所:池田市菅原町2-4 藤川ビル2F
電話:072-751-1429
定休:月曜日
営業:11:30〜15:00(ラストオーダー14:30) 17:30〜22:00(ラストオーダー21:30)

蕎麦のコース料理、焼き鳥、一品料理なども有り。

ラベル:外食 大阪
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。