2009年06月16日

水木しげるロード

mizukishigeru douzou.JPG
JR境港駅前にある水木しげる氏の銅像


美保関のから戻る途中、時間があったので鳥取県境港市にある水木しげるロードへ立ち寄った。
水木しげるロードは駅の前から全長約800m。

nekomusume.JPGkonakijijii.JPG
こんな銅像が立ち並ぶだけのただの商店街なんでしょ〜と侮っていた。

mizuki shigeru road.JPG確かにこんな古い昔ながらの商店街を、銅像を見ながら練り歩くだけなのに、なのにかなり楽しかった。
銅像を見かけるたびにコレはなんの妖怪? ねずみ男はどこある?
などと知らないうちに夢中になってた。

新しく出来たらしいコジャレタ店もたくさんあったが、地元の人々の生活を支えてきた昔からのお店もまだまだあった。

stooa.JPG

↑このストーアで地元の中学生らしき子たちが買い物をしていた。
なぜか和んだ。しみじみとした。
自分の中学生当時もそんなもんだった。

水木しげるロードとウチはあんま関係ないんで。
ウチは地元人御用達なんで。
というストーアの店先に並べられていた物↓

kitarou dagashi2.JPG

しっかりと水木しげるロードに参加していた。
全然違和感ないうえに逆にそそられる。

こんな感じで色んな店で色んな鬼太郎グッズが売られていた。
だから鬼太郎グッズ専門店があって、そこにだけ客が行くのではないのだ。
銅像を見て店も見て、意外に忙しい。楽しい。

駅よりの場所に妖怪神社、商店街の一番奥よりには水木しげる記念館
そして居並ぶ妖怪銅像。
どうしたって端から端まで商店街を歩いてしまう。

victor inu.JPG全国各地にあるシャッター通り商店街の参考になるだろうか。
鬼太郎関連グッズ以外の物も売れているのだろうか。
昔からある古い佇まいのお店が、消えてしまいませんように。


美保関で昼食を食べ損なったので、水木しげるロードでラーメンを食べた。
境港は生の本マグロの水揚量日本一なのだそうだ。
知らなかった。

kitarou maguro ramen.JPG


ということで鬼太郎まぐろラーメンを食べた。
トッピングには生の本マグロ。スープの熱で半生状態。
スープも本マグロ。
あっさりしていて美味しかったと記憶している。

medamaoyaji okashi.JPGデザートに食べた妖菓目玉おやじ
その場で食べたい人には便利な串付き。
これを売っている妖怪食品研究所という店の方曰く
「こんなの作るなんてとんでもない!というような老舗の高級和菓子職人さんが作ってるんですよ。」
そう言われたからではないが、上品な甘さの和菓子だった。
高級和菓子の味でした。

鬼太郎の聖地を侮ってはいけなかった。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。