2009年06月15日

美保関

昨年8月の島根・鳥取旅行。出雲大社へ行った翌日。

daisen.JPG

海の向こうに見える山は鳥取が誇る大山。手前の海は美保湾。
ここは島根半島の東端に位置する美保関(ミホノセキ)。
遠くに大山を望む景色が見えるここは美保関灯台。
灯台をぐるりと巡って反対側へ行くと日本海を望める。
地図で見るとここ↓

mihonoseki toudai.JPG白亜の美しい灯台がピーカンの空に映える。
日本海は太平洋に比べて海が鮮やかに見えるのは気のせいだろうか。
8月最初の週末だというのに、灯台までの道のりは混雑一切なし。
前を走る車すらなく、海岸線のドライブはすこぶる快適だった。

mihonoseki toudai torii.JPG
この美しい灯台がある丘を降りて、遊歩道を伝って日本海側へ回ってみると、海に向かって鳥居が立っていた。

mihonoseki toudae torii2.JPG
鳥居から海を望むと小さな島が見える。
その昔、えびす様がこの島で釣りを楽しんだそう。

okinomimaejima.JPG
カメラをズームにして覗いてみると案の定、釣り人がいた。
えびす様が釣ったと聞けば、初心者でも釣れるご利益がありそうな気がする。

紫外線と暑さにもめげず海と灯台を満喫したあとは、北前船の寄港地だったという美保関港へ。

mihojinja sanmon.JPG

ここは港のすぐ目の前に美保神社があり、先ほどの島で釣りを楽しんだというえびす様、日本全国に数あるえびす様の総本社だという。
出雲大社と同じくらい大きな注連縄が印象的。
お社の造りも同じだそうだ。

mihojinja torii to umi.JPG

とても気持ちの良い場所で、境内から鳥居の方向を眺めると海が見えた。
一番海側にある鳥居のすぐ横に脇道があり、風情のある古い町並みが残されている。

aoishidatami.JPG

青石畳通りといってこの石畳は江戸時代からのもの。
かつての賑わいを偲ぶように、廻船業を営んだ商人の家屋等や、文豪が宿泊をした由緒ある旅館などがある。
観光案内所や資料館などもあったが、これから観光地化に力を入れて行こうといった感じ。
ちなみに商人のお屋敷はかなり朽ち果ててるものが多く、屋敷の中までの見学は殆ど出来なかった。
けれどその朽ち果て感もそう悪くない気がした。

美保関はとてもとても気に入って非常に楽しかった。


shoyuice hata.JPGちょっと雰囲気のある綺麗な店の前に心引かれる文字。
美保関に古くからある太鼓醤油のお店。
ちなみにココの醤油はかの北大路魯山人も絶賛したとか。


shoyuice1.JPG
shoyuice2.JPG

そしてもちろん食べた。
他のお店の醤油アイスは食べたことがないので比べようがないけど、このアイスは醤油味が濃い。
もろみアイスもとてつもなくもろみの味がした。
なのにアイスの甘さも普通にあって妙に美味しかった。

このお店は醤油などの味見が出来て良かった。
ついでにポン酢醤油をお買い上げ。すごく美味しかった。
ラベル:島根 神社仏閣
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。