2005年12月08日

あちこちで買った青森のお土産

ninniku naka2.JPG

その名も熟成にんにく元気くん。真っ黒!
まるごと青森というブログで見て、あまりのインパクトの強さに絶対に買ってこようと思っていたものの一つ。
JR青森駅の売店で見つけて購入。
海洋深層水に漬け込んで、熟成発酵させたニンニク。
プルーンのような味がするんです。
にんにくって体に良いのは分かってても、毎日食べるのはなかなか出来ない。
けれどこれなら食後に一片ずつ、デザート感覚で毎日食べられます。
コレを食べてたらこの冬は風邪知らずかも〜
姉にも一房買って行ったのですが、後日メールが届き「けっこうハマる味」と申しておりました。
一度お試しを。本当に甘くてびっくりしますよ。

kujiramochi1.JPG kujiramochi2.JPG

鯵ヶ沢の鯨餅
他に青森では浅虫でも久慈良餅という名前で作られています。
浅虫の久慈良餅にはクルミが入ってますが、鯵ヶ沢の鯨餅には入ってないです。
甘さは軽く控えめな、粘りの強い餅菓子です。
鯨の名の付くお菓子は全国にあるようで、その由来は長崎のお菓子(鯨の断面図に似た色のお菓子)が、交易船で各寄港地に運ばれたのが元になってるそうです。
鯵ヶ沢も浅虫も海辺の町。
日本の流通業の元祖とも言える北前船に乗って、遠いみちのくの地まで運ばれたんでしょうか。
鯨餅は海の駅わんどで購入しました。

hatorazuringo.JPG nigorizake cup.JPG

左は葉とらずりんごジュース
青森にはたくさんのりんごジュースがあって、どれを飲んでも美味しいと思う。だからコレももちろん美味しい。
缶ビールも缶ジュースもなんか缶の味を感じる私は、日本の間伐材を利用して作られる、カートカンというこの入れ物が特に好きです。
メーカーはこのカートカンの売り上げの一部を緑の募金に寄付しているそうです。
右は青森の地酒のワンカップ。
青森にいた時は未成年だったので、青森のお酒の味を知らない・・・というので味見のつもりで買ってみました。
にごり酒が美味しかった!

kankai sonota1.JPG aji yakiboshi2.JPG

左の写真の蛸とカンカイの干物は、鯵ヶ沢のいか焼きを買った店で購入。
いかを焼いてもらった後に、帰り際に追加で購入したら、いか焼きの代金はいらないからといって、250円キャッシュバックしてくれました。
あのいか焼きは実はタダだったのでしたわーい(嬉しい顔)
右端の高級珍味と書かれているのはホタテの干物。
固くなく柔らかいです。
最初のにんにく元気くんの写真の後ろにそれとなく映り込んでます。
それと右の写真はアジの焼き干しと乾燥ワカメ。
ホタテとこれらは青森アウガ地下の市場で購入。

構成力がないというかまとめる力がなくて、ダラダラと一ヶ月もかけて帰省の記事を書いてしまいました。
お土産も焼き干しとワカメ以外は既に胃袋を通過して外に・・・

下記ブログにトラックバックしました。

まるごと青森

私の汚い写真ではなく、どうぞこちらの綺麗な写真でにんにく元気くんをご覧下さい。
posted by 青玉 at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの「元気くん」をとうとう食べたのですね。お姉さんにも気に入ってもらえたようでうれしいです。あと、ご飯好きにたまらない「にんにくふりかけ」という商品もおすすめですよ。
Posted by 義人@まるごと青森 at 2005年12月13日 16:02
コメントありがとうございます。^^
コレはホント、フルーツとしてのにんにくですね〜
かなり気に入っています。
「にんにくふりかけ」ですね、覚えておきます。
ジェンゴに探しに行ってきます(笑)
Posted by 青玉 at 2005年12月13日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。