2007年01月14日

えべっさんの残り福

imamiyaebisu.JPG

年の初めのえべっさん、商売繁盛で笹持ってこい
境内はこの掛け声と共に参拝する人々で賑やかな、大阪市浪速区にある今宮戎神社十日戎
私が行ったのは残り福と呼ばれる最終日。
tookaebisu.JPGよそから移り住んでいる私には、この今宮戎の十日戎がなぜか大阪らしさをとても感じられて好きな行事。
縁日の屋台は驚くほどたくさん出ていて、それを眺めながら歩くのも一つの楽しみ。というよりもソレが一番楽しみなのかも。
yatai chizimi.JPGお花見の頃に名所などで良く見かける簡易お座敷をしつらえた、おでんなどの食事が出来るお店もたくさんあって、なぜかどこにでもサザエのつぼ焼きがある。
旬は夏場だと思っていたのでとても疑問。
えびす様は鯛を抱いている姿の絵や置物があるけど、海のものとの関連なのかな?
yatai okinawa.JPG韓国の食べ物や沖縄のドーナツ(サーターアンダギー)の屋台もあり、初めて見たときは「お!」と思ったけど、何年か住んでいるうちに、その地域の出身者が関西では多いことをしり、今では「そうだよね、有りだよね〜」といった感想に。
数は少ないけど他にも外国の食べ物の屋台があって、ロシアのピロシキやトルコのケバブ、タイラーメンなどなど、そういうのを食べるのも楽しみだった。
いつもはそれらを探しながらなんば方面へと向かって歩くのだけど、今回は反対の新世界を目指して歩いた。

kiccho.JPG

こういった縁起物は吉兆というのだそうです。
ニュースではイザナギ景気を超えたなんて言っているけど、実感がないのはなぜでしょう。

2007年01月12日

天理スタミナラーメン

tensuta ramen.JPG

天理スタミナラーメン、略して天スタ。写真はスタミナラーメン
奈良のラーメンです。
白菜やニラ、豚肉を炒めたトッピングとニンニク、豆板醤がきいた辛めの味。
スープはなんだろう?醤油トンコツ風な味もしたけど、スープそのものはわりとあっさりしてたような気がする。
このスタミナラーメンが辛ー!旨ー!そして暑ー!となる。
普通のラーメンと比べると野菜たっぷりで、ちゃんとした食事を摂ったという満足感がある。

奈良というと天理ラーメンと言われる種類があるらしく、どんなラーメンかというと、基本は白菜等の野菜と豚肉を炒めたものが乗っていて、ニンニクが効いている。というものらしい。
天理スタミナラーメンはその系統ではかなり有名なラーメン屋さん。
殆ど関西地区なのだけどあちこちに支店がある。
天理市内には屋台も。
かなり前だけどふらっとドライブに出かけて夜中になってしまい、お腹も空いてた時に偶然この天スタの屋台を見つけて飛び込んだときは、ほんと〜〜〜に美味しかった!
季節は薄でのジャケット一枚では夜中は寒い、というくらいの頃で。
そんな時にニンニクと豆板醤がきいて、野菜もたっぷりのこの初めて食べるラーメンは、空腹と同時に寒さも解消してくれて感動的だった。
・・・と、そんな思い出がある天スタの支店をゆららの湯の隣に見つけ、温泉帰りに寄って来たのでした。
そういうわけで2006年のクリスマスの晩餐は天スタラーメンでした。

2007年01月11日

ならやまの湯 ゆららの湯押熊店

yuraranoyu.JPG yurara kanban.JPG

昨年のクリスマスに行った奈良の日帰り温泉。
内湯は一つ、広い露天風呂がメインで和風とバリ風があり、男女週替わり。
私が入ったのはバリ風で、草を葺いた東屋風の屋根がついた浴槽などがあり、うーん・・・そうなの?どうなの?という気がしたのだけど。
バリは行ったことないしあくまでもだし、と思いながら眺めていたら、南国リゾートホテルのプールのようにしてあるのだな、と気が付いた。
ここはすべての浴槽に温泉を使用しているらしいのだが、特にコレといった特徴もなく香りも塩素臭のみで、浸かっていたら少々飽きてしまった。
それで退屈しのぎにバリ風の露天風呂について考えてみたりしたのだ。

yurara kanban2.JPG


クリスマスに温泉に浸かりながらバリ風について考える・・・ある意味今までで一番印象的なクリスマスだったかもしれない。

詳細
ラベル:奈良 温泉
posted by 青玉 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

幸楽苑のラーメン

kourakuen ramen.JPG

創業昭和29年 昔ながらの中華そば 290円(税込み304円)
白地にシンプルな黒で書かれた文字の看板が目に飛び込んだ。
岸和田の温泉帰りに見つけ、立ち寄ったラーメン屋さん。
懐かしい味がする。海苔の代わりにナルトだったら完璧。
子供の頃に家族と外出先で食べたような懐かしい味。
最初は岸和田に昔からあるラーメン屋さんかと思ったのだけど、ファミリーレストラン風のまだ新しい店構えからすると、どうやらチェーン店らしい。
家に戻ってから検索してみると全国にチェーン展開しているお店だった。
知らなかった。初めて見たヨ(´・ω・`)
創業昭和29年といっても、ラーメンは微妙にその地の特徴がある食べ物。
一体どこのラーメンを食べて懐かしいと感じたのか。
と思い本拠地を見たら福島県の会社であった。
福島といえば喜多方ラーメンが有名。
でもこのラーメンはあまり喜多方っぽくなく、青森出身の私が普通に「あ、懐かしいな〜」と思った。
今は色んなこだわりラーメンがあるけど普段、軽くラーメン食べたいな、というときはこういうラーメンが食べたい。

温泉上がりにラーメンを食べる、その幸せのツケがすぐに後から。
帰る道中ものすごく喉が渇いて大変だった(・◇・)

2007年01月09日

牛滝温泉 いよやかの郷

iyoyakanosato.JPG

今年初の温泉へ。
大阪府岸和田市にある牛滝温泉
ゴルフ場などがある山の中に広大な敷地を持つ温泉。
キャンプ場やアウトドア施設、宿泊施設あり。
何せ到着した時には辺りはもう真っ暗だったので、とにかく広い(敷地内に闇が広がっている)、という事しか目視できず。
京都のるり渓温泉のような感じなんだと思う。
ushitakionsen.JPG温泉は内湯と露天の二つだけで(他にサウナが一つ有)、温泉旅館などのお風呂といった風情。
館内外の施設のキャパに比べると、お風呂の規模は小さすぎるような気もする。
お湯はかなりぬるぬるしていて、私のように細かい事を知らない、勉強しない、拘らないという者には「温泉だね〜」という満足度高いお湯。
少ししょっぱいかも。塩素臭あり。仕方ないかな?
タオル、バスタオルが無料貸し出しで、男性は必要なら剃刀も渡してくれる。
手ぶらで行って利用出来る温泉でした。
近隣は紅葉の名所らしいです。

teraobokujou milk.JPGデジカメを忘れて携帯での撮影なので、あまりにもお粗末すぎる写真。というわけで入浴後に飲んだ牛乳とヨーグルトの写真を彩りに。
この二つで420円はお高い〜たらーっ(汗)
飲む前によく振って下さいと言われたので、ビンをよく見てみるとノンホモ牛乳でした。
今は確か高いのよね。昔懐かしい牛乳臭い味。
ちょっと振りが足りなかったみたいです。

詳細
ラベル:大阪 温泉
posted by 青玉 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

菊駒

kikukoma.JPG

左から
菊駒純米酒菊駒大吟醸 八戸酒類株式会社(菊駒工場)
青森の日本酒
主要原料米:華吹雪(純米)、山田錦(大吟醸)
精米歩合:60%(純米)、50%(大吟醸)
日本酒度:+3(純米)、+5(大吟醸)
アミノ酸度:1.4(純米)、1.0(大吟醸)
酸度:1.3(純米)、1.4(大吟醸)
度数:15〜16度(純米)、16〜17度(大吟醸)

青森に住む夫の叔父からの頂き物。どうもありがとうございます。
せっかくなのでお正月にいただきました。
純米酒は後味がスッキリとして飲みやすく、数の子を食べながら飲んでいたら止まらなくなって、少し飲みすぎた私です。
一方大吟醸はまるでワインのようにトロリとした味わいがあって、こちらは夫が止まらなくなってしまったお酒。
夫の叔父は帰省すると度々美味しい日本酒を仕入れておいてくれ、夫の実家で一緒によく酒盛りをしたもの。
その頃はまだ焼酎等が飲めなくて、ほんの少々ワインにはまっており(飲めるようになったという程度だけれども)、その時にワインのような飲み口の日本酒などをよくご馳走になった。
その叔父が選んで送ってくれたお酒はさすがにどれも美味しい。
ご馳走様でした。
おかげで美味しいお正月が過ごせました。

ラベル:青森 日本酒
posted by 青玉 at 07:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

初詣

nakayamadera taishidou.JPG

平成19年(2007)晴天の元日。
初詣は阪急に乗って宝塚にある中山寺へ。
本尊は安産、子授けの観音様だけど、広い境内にはたくさんのお堂がある。
まずはご本尊様をお参りして次にその奥にある、弘法大師を祭る大師堂(写真)へ。
以前住んでいた近所に弘法大師を祭るお寺さんがあり、新年の護摩を焚くのを眺めながら掛けた願が、2年連続して叶ったことがあり、お大師様は私にとって霊験あらたか。
たいした願いではなかったという事もあるけれど、本当に困った事態に見舞われることがあったら、四国巡礼でもしてみようか。
・・・という気にさせられる。
中山寺では他に自分の干支のご本尊もお参りしてみた。

yasakajinja .JPG

この日は暖かかったので帰りに散歩がてら、近所の神社巡りをしながら帰途につく。
写真は八坂神社
八坂という神社は京都が有名だけど、わりとあちこちにある。
ここの八坂神社は名前は分からなかったけど、樹齢の長そうな立派な木々がそびえ立ち、出店もない広い境内を静かにお参りする参拝客たちばかりで、最後に立ち寄って落ち着いた気持ちになった。
おみくじを引いた時の巫女さんが、いかにも手伝いでかり出された感じの中学生位の子で、軽くやる気がなさそうな表情だったのが印象的。
「頑張りや〜。」と心の中で声を掛けながら笑ってしまった。


新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


ラベル:兵庫 神社仏閣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。