2006年04月29日

大分のお土産5

ooitamiyage5.JPG

ゆずこしょうてんぷら

ゆずこしょうは唐辛子にゆず皮が入ったもの。
以前のお土産で、湯布院ラーメンに添付されていたゆずこしょうがとても美味しかったので、今回は単体でのお土産。
これはうどん、蕎麦以外にも味噌でもすましでも汁物にパッパッと入れると風味が増して美味しい。優れもの。
てんぷらは、大分のてんぷらは飫肥天風なのかな?と思って買ってみたそうです。(ウチのお土産は殆ど空港で購入)
手前のてんぷらにはスティック状のサツマイモが入っており、奥の白いてんぷらにはタコの切り身。
どちらも飫肥天風ではない、魚のすり身を揚げたものでした。
久々に飫肥天ではないこういうてんぷらを食べてみたら、少し油っぽく感じました。
ツナギにお豆腐があるのとないのとの違いでしょうか。
こちらのてんぷらはやはり、かぼすを絞った麦焼酎なんかが良く合うんじゃないかな。

大分といえば関サバ、関アジ、この時期には城下カレイでしょうか。
どれもこれも食べてみたいものばかり。
でも高すぎてちょっと手が出ないです〜。
いつかは・・食べられるかな?

posted by 青玉 at 19:21| Comment(8) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ブラックウォームに感染の脅威!

お気に入り登録していたアメリカのブログツールのサイトへ、久しぶりにアクセスしてみたら・・・
bloodhound.jpg
↑こんな警告文が出た。(画像クリックで拡大します)
どうにもならないのでとりあえずOKをクリック。
現れたのが下の画面。
blackworm.jpg
地震がぐらっときたら火を消すのと同じような条件反射で、慌ててネ
ットの接続を切った。
何かを仕掛けられたと思ったので。
ウィルススキャンをしながらマジマジと画面を読んでみる。
感染したんじゃなくて、その恐れがあるのか。
でもこれ、MSNのダウンロードセンターじゃないし、導入してるウィ
ルス対策ソフトのサイトでもないな。
2月に出現した危険性の高いウィルスなのに、ブラックウォームって聞いたことないな・・・と読み進むうちに、動転していた気持ちも落ち着いてきた。
そこはかとなく怪しさを感じる。日本語も変。
個人情報を伝送される恐れがあると書いてあるけど、画面の真ん中に出ているのはネットをしていれば発信されてる普通の情報。
これはダウンロードだけはしてはいか〜ん
と、すっかり落ち着いてネットに再接続し、ブラックウォームで検索。
あった、あった、ありました。
どうやら詐欺行為に近いらしい。
脅してアンチウィルスソフトをダウンロードさせ、お金を振り込ませようということらしい。
ポップアップ(というのかな?)が出てからは心臓バクバクでしたが、
事なきを得てホっとしました。
とりあえず落ち着くのが一番ですね。

トラックバック
posted by 青玉 at 20:27| Comment(21) | TrackBack(0) | ブログの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

誕生日は串揚げ屋で

akakirishima.JPG

先日は夫の誕生日。
私「何か食べたいものない?」
夫「食べたいものっていうよりさぁ、駅前にある串揚げ屋で酒飲んで、カラオケ行きたい。」
ストレスが溜まってるようで。お疲れ様でございます。
最近出来たばかりの串揚げ屋さんに赤霧島が置いてあった。
この芋焼酎は年に二回しか販売されず手に入れにくい、とネットで見かけていて、お店でも勧められる。
一杯売りはしておらずボトルキープのみ。そうか〜どうしようか〜と悩む私に、「一杯・・・よんひゃく・・・480円くらいでなら・・どうしよかな・・・」と店のおかみさんも悩んでいる。
なんとかしようとしてくれてるのが嬉しかったのと、どうしても飲んでみたかったので、結局ボトルをキープすることに。夫への誕生日プレゼントという名目にして。
私「仕事帰りに友達とここで飲んだらいいじゃん。でもいつの間にか減ってたらごめんね〜。」
夫「減ってるくらいなら良いけど、逆に増えてたりしてなー。」
私「・・・・」「あはあは〜」「・・・・」←言い返せない

そんなやり取りをしながら飲んだ赤霧島は、実はあまり良く味が分からなかった。
料理が出てくるのが遅くて、最初に頼んだビールがすきっ腹に効いて酔ってしまっていたのだ。
甘いのは分かったんだけど。
でもなんだか後味に納豆みたいな匂いがしたのよ・・。
また行って串揚げをつまみにじっくり味あわなくちゃ。

ラベル:外食 芋焼酎

2006年04月22日

黒豆焼酎 時代蔵八

kuromame jidaikurahachi.JPG

熊本の黒豆焼酎 時代蔵八
株式会社堤酒造

地域によって分かりやすくしてるのか、球磨の黒豆焼酎と記載されてるラベルもあるようです。
豆類はたんぱく質と脂質がサツマイモよりも高く発酵が難しいのだそう。
瓶には特許出願中のシールが貼られてました。この大豆ブームのなか、ありそでなかった焼酎ってことなんですね。
熊本といえば球磨焼酎。
隠れた米どころでもある熊本の人吉(ひとよし)市とその周辺地域で作られる米焼酎を球磨焼酎と呼ぶのだそうです。(米焼酎はそんなに飲んだことないですがあせあせ(飛び散る汗)
そんな地域の冠がつく場所でわざわざ難しい技術を駆使して、亜流の焼酎を作り上げたということになるらしい。
飲兵衛の私としてはそういう姿勢は嫌いじゃないし、むしろ好ましい。

で肝心の味ですが、ほのかに豆っぽさを感じる。
たまたま米焼酎の時代蔵八は飲んだことがあって、それに豆っぽい味が混じってるというような感じ。
黒豆は甘く炊いたものしか食べたことがないので、そのイメージを満・させるには、お湯割りの方が豆の中にほのかな甘みを感じ取ることが出・ると思う。

ラベル:黒豆焼酎 熊本
posted by 青玉 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

広島と青森の駅弁

kakimeshi&ooma magurozuke.JPG kakimeshi&ooma magurozuke nakami.JPG

瀬戸の牡蠣めし大間のマグロづけ炙り丼

スーパーで催事をしていたらしく、夕方遅い時間に立ち寄ってみたら駅弁が30%off。
なにやら豪華で美味しそうな駅弁がいくつか。
買おうかどうか悩んだ挙句、大間のマグロに目がくらみ購入決定。
30%offになってるだけあって作ってからの時間が立ちすぎて、マグロ炙り丼の方はごはんがむき出しなもんで乾いてて固い〜もうやだ〜(悲しい顔)
しかも量が多くて食べきれない・・。
でもマグロはすごいね、多少は落ちてたと思うけど臭みも出てなくて美味しかった!!
出来てからあまり時間が立ってないと、きっともっとトロけてたね〜マグロ。
牡蠣めしも美味しかった〜。どこかの焼き穴子の駅弁と迷ったのだけど。
こっちは錦糸玉子や雑魚その他が上に乗ってるおかげでごはんもそんなに固くならず。
一切れだけ乗っているマツタケの存在に気が付かないほど牡蠣が美味しかった。

車窓からの景色を眺めながら食べるともっと美味しいのだろうな〜。
行き先も決めずに列車に乗り込み、ふらりと何処かへ・・・って憧れる。
電車に乗って旅をしてみたくなっちゃった。

トラックバック
ラベル:青森 広島 駅弁
posted by 青玉 at 16:40| Comment(2) | TrackBack(1) | 徒然の道(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

宮崎のお土産6

miyazakimiyage6.jpg

左手前の二つは、めしの具みやざきうなぎみやざきちりめん
その下に重なって少し見えてるのが飫肥天、後ろが日向夏
右手前は宮崎鶏そば、後ろがみやざきラーメン

めしの具はまぜごはんの素。
まだちりめんの方しか食べてないけど、おにぎりにしてお花見のお弁当にしました。
酢飯に混ぜるとちらし寿司風になると書いてあったのだけど、手抜きして紅しょうがだけを一緒に混ぜ込んでアクセントに。
簡単なのに豪華なおにぎりになりました。
刻み紫蘇を入れても良かったかも。
うなぎはゴールデンウィークにでも、またお弁当作ってどこかへ行こうか。
やっと手に入った日向夏。以前から宮崎といえばコレでしょ!と思っていたのに、時期をはずしてばかりいた。
夏に出回るもんだとばかり思っていたら丁度今頃、春の果物だったんですね。
でもなんかイメージと違う。
これ日向夏?と思わず買って来た夫に聞いてしまった。
小さいよ〜(オレンジ位の大きさ)。大きいのと2種類あったそうで、おそらく量で選んだと思われる。本人言わないけど(笑)
夏みかんのような風味で酸味は殆どなくほんのりと甘い。
念願かなってやっと食べることができてとても満足。
でもイメージ通りの大きいのも食べてみたい。
鶏そばはつゆのダシが鶏かと思ったら、日向灘でとれたちりめんダシで、具が宮崎産鶏のうま煮。
気持ち甘めの味付けで、「かけ」で食べたのだけど「ざる」でもイケるそうで、そっちの方がもっと美味しく食べられたかな。
でもまだとても「ざる」を食べる気にはなれない・・・。
みやざきラーメンは以前も食べたことがあるのだけど、この商品は宮崎経済連と響(最近注目の宮崎ラーメンですね)との共同開発だそうです。
スープには宮崎のブランド豚、ハマユウポークが使用されていて、麺はジョイホワイトというサツマイモのでん粉が入っている。
まさに宮崎のラーメンだったのね。
ちなみにジョイホワイトというのは焼酎原料用芋で、醸造すると芋臭がないフルーティな香りがするそう。
この芋の焼酎はたぶん飲んだことないだろうなぁ、飲んでみたいなぁ。(結局そっちに話が行ってしまう)
飫肥天は前回食べてから大のお気に入りなので今回も。
obiten.jpg厚みが分かるでしょうか。紅しょうがや紫蘇の実などもチラホラと。これが美味いんだよね〜。今回飫肥杉の焼酎がないのは、近所で売っているのを発見したから。(ムフフ)

今回はなんだか主食関連系の数が多い。
買う時お腹空いてたのかしらね。

posted by 青玉 at 17:52| Comment(4) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

天使のはしご

tenshinohashigo.JPG

天使のはしご
株式会社正春酒造

宮崎の芋焼酎

芋の甘みという甘さが強く、ロックで飲むと甘いのだけどすっきり。
けどなんか・・・屋根に登ったら天使にはしごをはずされたって感じ?
何かが足りない、何かが期待はずれで思わず天使を悪く言う私。
次にお湯割りで飲んだら、うんなかなかイケる。天使がはしごを戻してくれた。(天使のはしごってそういう意味じゃないみたいだけどあせあせ(飛び散る汗)
足りなさは何かというと香り。
まず最初にくる、私は芋焼酎でございますよ〜という香りが弱い。
味にだけ芋が存在してるような感じで少し淋しい。
だからお湯で香りを立てた方が満足感がある。
お湯の温度もぬるめの方が良い感じ。

酒造会社のサイトに天使のはしごが載ってなかったので、検索して色々見てみたら原産国がベトナムという話も。
原産国表示されてるラベルとそうでないラベルがあるのかなぁ。
ウチが購入したものには何も書かれてなかったんだけど・・。
酒造会社が宮崎なのでとりあえず文頭の、宮崎の焼酎というのはそのままに。

ラベル:宮崎 芋焼酎
posted by 青玉 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲酒の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

らぁめん夢屋台

yumeyatai tonkotsu.JPG

背脂とんこつラーメン玉子入り


「お待ちどうさま。」とラーメンを置かれてからパキっと箸を割る。
まずレンゲでスープを一口、次に麺をズズーっ。
ここまでが脊髄反射で行われる。
だから写真は少し食べた後・・(汗)
ラーメンに限らずだけど、目の前に食べ物を置かれたとたんに撮影を忘れてしまう。
見苦しい写真が多々。
でもこういう消え物ほど記録に残したいのでお許しを。

西宮の双葉温泉の隣の隣にあるラーメン屋さん。
国道171号に面した角地にあって、去年の3月くらいに出来た尼崎に本店のある店。
背脂入りのラーメンは過去に一度食べたきりで、くどくてあまり好みではなかったのだけど、店に入ってメニューを見たら急に食べたくなって、しかも玉子入りで頼んでしまった。
とんこつと昆布やカツオでダシを取ってるらしいけど、あまり魚臭く感じなかった。
味は甘いのだけど調味料の甘みじゃなくて、煮込んだ野菜から出る甘さという感じで私にはOKな味。
細麺でちょい固めの茹で加減がスープに良く合ってて美味い!
温泉の後なのですごくお腹が減ってたという状況もあるかもしれないけど、この日の私にはすんごく美味しいラーメンでした。
玉子の黄身がトロ〜リ。
チャーシュウもとろとろ〜。
yumeyatai shio.JPG←はあっさり塩ラーメン。
ダシは海老で甘くない。
カリっと揚げた海老の頭を食べたときの味がしてコレも美味い!
空腹のなせるわざなのかどうか、ここのラーメンは好みだった。
他にもたくさん種類があるので、制覇したい気持ちになったラーメン屋さんでした。
でも駐車場がないのが問題だな〜

2006年04月10日

夙川公園で花見

syukugawa sakura1.JPG

今年の花見は西宮の夙川公園へ。4月9日(日)桜満開。
夙川公園は川に沿って南北に細長く、全長約4km程の公園。
桜の名所に数えられている。
花見はいつもブラブラと花を見ながら散策するだけなんだけど、今年は簡単なお弁当をこしらえて、先日購入した日本酒と共に持っていく。
午前中はまだ風も冷たくて寒かったので、早々にお酒を飲んで暖まる。
お昼には早かったけどついでにお弁当もつつく。
食べ終わった頃には人も増え日差しもポカポカ。
とたんに睡魔に襲われ狭いシートに横になる。


syukugawa inu.JPG
特等席で横になる犬

名所と言われるだけあってたくさんの人。
昼を過ぎると賑やかさも倍以上。
こういう花見は行くなら午前中がお得なのだわ〜きっと。
でも前日は嵐のように風が強く、黄砂で太陽も月に見える程だったので、様子見で出足が遅かっただけかも。
futabaonsen 2006.JPGまだまだ宴たけなわの頃に早々と後片付けをして、昨年の夏に一度行ったことのある双葉温泉へ。
ホコリも疲れも落としてさっぱりと帰路に着く。(ぐふふ)
牛乳石鹸提供ののれんはまだ紅葉。

ラベル:兵庫

2006年04月05日

正直すぎる口

yakisabazushi junpei.JPG

カトちゃんよろしく千鳥足で寿司折りをぶら下げてご帰還の夫。
夜中に寿司(生もの)を持ち帰るのはやめてくれー!
当日に食べないとまずくなって勿体ないでしょー!
だからって寝る前にたらふく米食ってたら体に悪いやんかー!
と言いつつ包みを開ける気持ちは弾む♪
「あっ焼鯖寿司だ〜(〃▽〃)」
夜中といえど好物を目の当たりにしちゃうとつままずにはいられない。
う〜んしょっぱい。コレ塩鯖を焼いたんじゃないのぉ?

たま〜に夫を属みに誘う御仁は、私を気遣ってときどき手土産を持たせてくれる。
この日は近場の寿司屋で属んだらしい。
悲しいことに寿司屋の焼鯖寿司より空弁に軍配が上がる。
「あのね、手土産なんてもういいから。気を使わないでって言っといて。」
と私は言ったつもりだった。
なのに自分の耳に聞えた私の言葉は・・・
「今度は別のお寿司屋さんにした方が良いと思うよ。」

posted by 青玉 at 17:52| Comment(5) | TrackBack(0) | お土産・頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。